アルバイトを辞める際に制服のクリーニングは必要?-穿ちLife!
アルバイトを辞める際に制服のクリーニングは必要?

2019/11/27

アルバイト

t f P L

アルバイトを辞める際に制服のクリーニングは必要?

近いうちにアルバイトを辞めることになりました。

え!?どうして?
あれだけ頑張ってたのに・・。

このご時世仕ですし、余剰バイトを抱えている訳でもないので、雇い主側としても「より多くシフトを入れてくれる人」を優先するのは仕方が無い事です。

そっか~。そうだよね。
残念だけど、仕方ないよね。

ところで、アルバイトの制服ってどうするの?

アルバイトの制服は、

  • クリーニングに出して
  • 郵送で返却する
  • 事が一般的です。

    そっか~。解雇なのに、
    "わざわざ"クリーニングに出して、
    郵送してあげないとダメなのね。
    なんか腑に落ちないね。

    あくまでも"一般的"です。

  • 常識
  • マナー
  • であり、法的根拠がある訳ではありません。
    つまり、「クリーニング」や「郵送」などを行う義務はありません。
    それについて本記事でお話していきます。

    基本的にアルバイトの制服をクリーニングに出したり郵送したりする必要はない

    「クリーニングに出さなくてもいい」ってなんで!?

    率直に、
    「アルバイトの制服をクリーニングに出したり、郵送しなければならない」という法的根拠が無いからです。

    確かに、そう言われてみれば・・。

    確かに、"制服"は会社やお店の備品です。返却は当然の事です。
    ですが、わざわざお金の掛かるクリーニングや郵送を、しかも自分で費用を支払って行う事は必要あるでしょうか?

    業務命令は守らないといけないと思うよ?

    手間賃はともかく、クリーニング費用や郵送費用を出してくれるのであれば、文句はありません。
    しかしながら、現実には"善意"を利用される事が多くあります。

    一度疎遠になった人間関係はほとんど戻ることは無い

    でも、「立つ鳥跡を濁さず」って"えいり"は教わったよ?

    確かに、そんな"ことわざ"ありましたね。
    筆者も確かに教わりました。
    ですが、

  • 今後関係を続ける
  • 戻ってくる可能性がある
  • 場合以外で意味があると思いますか?自己満足の域を出ないと思いますね。

    でも、マナーだよ?重要だよ?
    今後気まずくなってもいいの?

    そもそも、一度縁を切った人間関係が元に戻ることは、ほとんどあり得ません。
    例えばですが、高校卒業して1年後に何人繋がり続けていますか?

    ほとんど繋がり切れてる・・。

    ですよね。
    そして、筆者の経験上、よほど怨まれていない限り、疎遠になってさえしまえば、早くて2,3カ月、遅くても半年も経てば忘れ去られます。

    確かに、「あの人は......だった」という悪印象が残り続けるなんて"自意識過剰"かもしれない。

    衛生管理上の問題

    でも、もし"汚いままの制服"を次の人が着ると考えたら......。

    確かに、「汚いまま」だと嫌ですよね。
    でも、通常の洗濯で良いのではありませんか?

    確かに、"制服"だけで洗濯すれば良いし、それで特に問題無い気がするね。

    そもそも、回収した制服を廃棄する場合もあります。

    廃棄するなら、わざわざ洗う必要すらも無いじゃん。

    郵送する必要性

    それから、"郵送"する必要性はあるだろうか。 郵送も、それなりの費用が掛かります。
    徒歩もしくは自転車で行ける距離であれば、わざわざ郵送である必要性はあるのでしょうか?

    確かに、足を運んで持って行っても問題は無いと思う。

    もしかすると、運ぶ手間を省かせる狙いがあるのかもしれませんが、そもそもクリーニングを要求する時点で、説明が付きません。
    これまで、幾つかのアルバイトを経験してきましたが、「洗濯して持ってきてください」と言われたケースもあります。
    恐らく、対応する時間を無駄だと捉えたのでしょう。

    忙しいんでしょうね。

    それが本当であれば、向こうの事情なので、関係ありません。
    もしかしたら、こちらの手間を省いてくれているのかもしれませんが、クリーニングに出す様に求めている時点で矛盾しています。

    制服をクリーニングに出す・郵送するかどうかは状況次第で良い

    なので、アルバイトの制服を

  • クリーニング
  • 郵送
  • するかどうかは、状況次第で決めればよいのです。

    状況次第?

    例えば、 飲食店などの場合で、今後も

  • 関わる
  • 利用する
  • として、気まずい状況を避けたい場合は、
    言われた通りにクリーニングに出して郵送すれば良いし、
    気にしない、利用しない、関わらない場合は、
  • クリーニングに出す必要も
  • 郵送を選ぶ必要も
  • ありません。

    でも、なんだかなぁって感じ。

    そういう場合は、指示通りに

  • クリーニング
  • 郵送
  • した方が無難です。

    アルバイトを不本意に辞めるのであっても契約は契約

    基本的に、アルバイトの制服は

  • 洗濯機で洗って自分で持って行って返却する
  • クリーニングに出して郵送で返却する
  • のどちらでも良いと思います。ですが、例外もあります。

    例外?

    アルバイトの雇用契約書

    アルバイトを応募して、面接して採用された後に、必ず雇用契約書にサインをしますよね。

    小難しいことが沢山書かれていて、印鑑押さないとダメな書類だよね。

    そこには様々な"約束事"が記されています。

  • アルバイトに課される義務
  • アルバイト側の宣誓
  • 等。中には
  • 制服返却の義務
  • 制服返却時にはクリーニングに出すこと
  • と、記載されている場合があります。

    サインしないと、契約成立しないよね。

    この場合、嫌でも指示に従う他ありません。
    それも契約の内だからです。

    腑に落ちない・・・。

    まとめ

    アルバイトを辞める時の制服は

    クリーニングに出して郵送して返却してください。

    と言われても、従う必要性は全くありません。

  • 自宅で洗濯
  • 直接持っていく
  • で、大丈夫です。
    なぜなら、大抵の場合、"善意"でしかなく、法的根拠が無いからです。
    もし、指示された場合、

    料金はどちら支払いでしょうか?

    と、賃金・経費をやんわりと請求しましょう。 ただし、雇用契約書に記されている場合は、 どんなに

  • 屈辱
  • 不満
  • であっても、クリーニングに出しましょう。

    QooQ