【大学生】アルバイトの面接で採用される秘訣

2019/12/27

アルバイト

t f P L

アルバイトの面接で採用を勝ち取るには

よ~し。
試験も終わったことだし、アルバイトでも探そうかな。
あるじ様、
  • おすすめのアルバイト
  • 採用される秘訣
とかってない?。
ひとまず、試験お疲れ様でした。
そうですね。
筆者のおすすめのアルバイトについては紹介できますが、人によって
  • 好み
  • 向き不向き
などが違うため、"おすすめのアルバイト"については紹介する事はできません。ですが、アルバイトの面接で「採用」を勝ち取るための"秘訣"であれば紹介可能です。
そこで、本記事では
  1. アルバイトに採用される秘訣
  2. 採用する側の考え
についてお話していきます。
ただし、確実性は無い事をあらかじめご了承ください。

アルバイトの採用を勝ち取る秘訣

あるじ様って、
長期休暇の度にアルバイトを変えてるイメージがあるけど、
そんなに簡単に採用されるものなの?
筆者は大学生活で、5回もアルバイトを変えました。
しかし、すんなり一発で受かったのは
  • 最初
  • 最後
だけです。
実は、とても苦労しているんですよ。
よく挫折しなかったね・・・。
何度も挫折していますよ?
ですが、幸いなことに筆者は
  • "物欲"が無い
  • 自宅通学
ということもあり、そこまでお金に困ることはありませんでした。
そのため、アルバイトに採用されなくても、"ゲーム感覚"でチャレンジし続けることができたのです。
そんな筆者だからこそ、見えるものもありました。
アルバイトで採用される秘訣?
そうです。
そして、それは"魅力を如何に伝えるか"でした。

アルバイトの採用を勝ち取るには魅力的に思わせることが重要

アルバイトの採用を勝ち取るために、最も重要な要素は"魅力"です。
魅力?
"えいり"は顔面偏差値高めだからヨユーだね!
確かに、
  • 容姿
も魅力ではあります。しかし、本記事で伝えたい"魅力"は"それ"ではありません。

雇用者にとっての魅力とは何か

人には魅力が必ず一つはあります。
  • 優しさ
  • 丁寧さ
  • 体力
など、人によって様々です。
さっき挙げた「顔面偏差値」も一つの魅力ですね。 ですが、これらの魅力は「店長」などの雇い主側にとっての魅力とは異なる場合があります。
「顔採用」とか聞くけど?
確かに、時々、独断と偏見で"容姿"の良い人を優先して採用する人もいます。
ですが、それらの多くは「容姿」が利益に直結する
  • 業界
  • 業種
の話です。
また、
  • 優しさ
  • 丁寧さ
  • 体力
  • 顔面偏差値
などの各魅力要素も甲乙つけがたいものです。
しかし、容姿同様に、利益に直結しない場合、雇い主にとって魅力的とはならない可能性があるのです。
じゃあ、魅力って何?
答えは一概には言えないのですが、筆者の経験上、一番重要なのは熱意です。

魅力に見える熱意ってどんな感じ?

「働きたい」っていう熱意を持ってるけど?
もちろん「働きたい」という"熱意"は必要不可欠です。しかし、それでは十分ではないのです。というのも、応募してきた人のほとんどが「働きたい」という熱意を持っているからです。当然、それだけでは差別化できないので、雇用者側から見て"必要十分"な「魅力」を持っている必要があるのです。
"必要十分条件"を満たす「熱意って何?
これについても、一概に言える事ではないのですが、 雇用主側の気持ちを考えてみればわかるはずです。 例えば、
  • なるべく長期間働きたい
  • シフトを沢山入れたい
という頼もしい熱意があると、筆者が仮に雇用主側だとすれば、とても魅力的に感じます。
なんだ、簡単じゃん。
確かに、「口だけ」は簡単です。
しかし、その「口だけ」という人も多く存在するため、単純に
  • 卒業まで働きたい
  • 週3日シフトを入れたい
と言っても、不採用となることがあります(実体験)。
勿論、不採用になる理由としては、人手が足りている状況だったり、雇用主独自の採用基準(独断と偏見)に達していなかったという事もあります。しかし、それ以上に"熱意"があまり伝わっていない可能性も否定し難いものです。
じゃあ、どうすれば良いの?
"熱意"に「理由」を添えてあげましょう。

アルバイトで採用されるために伝えるべきこと

「理由」?
仮に、雇用者の立場になってみるとして、
  • 「就職活動のための旅費を貯めたいからシフトをいっぱい入れたい。」
  • 「シフトをいっぱい入れてお金を稼ぎたい。」
の場合、どちらを採用したいですか?
前者の
「就職活動のための旅費を貯めたいからシフトをいっぱい入れたい。」
って言ってる人
ですよね。
同じシフトを沢山入れたい人でも、理由がある方を応援してあげたくなるし、頑張ってくれそうですよね。

理由はできるだけ詳しく強いものを

理由はできるだけ
  • 強く
  • 詳しく
伝えましょう。
強く詳しく?
例えば、「シフトを沢山入れたい」理由に
  • 楽器(数百万円)を買うため
  • 自動車の購入及び維持のため
の場合、明らかに目標達成金額が遠いです。
目標(理由)が小さいと、すぐに達成できてしまうため、理由としてはイマイチだったりします。また、理由の"必要性"も考慮する必要があります。
  • 数百万円の楽器を購入したいからシフトを沢山いれたい
  • 就職活動で莫大な旅費がかかるからシフトを沢山いれたい
の場合では、後者の方がより"必死さ"が伝わりますよね。
確かに・・。

まとめ

アルバイトの面接で採用を勝ち取るには、「魅力に思える熱意」を伝えることが何よりも重要です。大きな理由とその必要性と一緒に伝えましょう。
とはいえ、これはあくまで、筆者の経験による結論であり、確実性のある方法ではありません。というのも、実際には雇用主の裁量(独断と偏見)、例えば「"容姿"が綺麗かどうか」も判断基準に入れられていて、総合結果として不採用になる事もあります。また、現在の雇用状況(人手が足りているか否か)によって不採用となる事もあります。

結局は"運ゲー"じゃん。

とはいえ、
  • 熱意
  • 理由および必要性
を伝える事で、内容によっては不利なる事はあるかもしれませんが、その例外を除けば基本的に悪材料となる事はないでしょう。
仮に不採用になるとしても、悔いの無いように、"熱意"を伝えるだけ伝えて行きましょう。


【大学生】塾バイトの採用を勝ち取るためには

大学生のアルバイト先の一つとして"塾講師"があります。しかし、誰でも塾講師になれるわけではありません。本記事では、一応内定を貰った経験のある筆者が「塾講師のアルバイトの採用を勝ち取る方法」について紹介していきます。

大学生にアルバイトは本当に必要?しない人の理由は何?

多くの大学生は、アルバイトをしてお小遣いを稼いでいると思います。しかし、中にはアルバイトをほとんどしない人もいます。本記事では、アルバイトをほとんどしない人の理由と、アルバイトをするべきなのかについて語っています。





このブログを検索

Twitterアカウント

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

Archive

ラベル

QooQ