【Blogger】アドセンスで収益化を始めるまでのロードマップ-穿ちLife!
【Blogger】アドセンスで収益化を始めるまでのロードマップ

2020/01/12

Adsense

t f P L

BloggerでAdsenseを利用して収益化しよう

Googleの無料ブログサービス「Blogger」では、アドセンスに申請する方法が

  • 無料(サブ)ドメインである「○○○○.blogspot.com」で申請
  • 独自ドメインをインストールして申請
  • の二種類存在します。
    しかし、入口が異なるだけで審査自体は「無料(サブ)ドメイン」であっても、「独自ドメイン」であっても変わりません。
    そこで、本記事では
  • Bloggerでのアドセンス審査への申請方法
  • 審査に合格する方法
  • 不承認となる理由と対処法
  • について紹介していきます。

    Bloggerの無料ドメインでアドセンスに申請する方法

    【Bloggerの無料ドメインでアドセンスに申請するには?】Bloggerの無料ドメイン「blogspot.com」でアドセンスに申請するには、収益化メニューからアドセンスにリンクして審査に合格する必要があります。

    Bloggerは、無料ドメインの「blogspot.com」で、アドセンスに申請することができます。
    アドセンスに申請するには、Bloggerダッシュボードの「収益化」タブを開き、オレンジ色の「ADSENSEをリンク」を押す事で、審査を受ける事ができます。
    ただし、誰もが、Bloggerでブログを開設してすぐに申請できるわけではありません。 申請できる様になるには、一定の条件を満たす必要があります。

    アドセンス申請ができるようになる条件

    Bloggerの収益化メニューから、アドセンスの審査に申請できるようになるには

  • ブログ開設から1か月~3カ月程度経過している
  • 記事数が一定数以上あること
  • が必要だとされています。
    ※ただし、Googleは明確な基準を示していないため、あくまで噂の域を超えず、目安程度に捉えてください。

    独自ドメインを利用してアドセンスに申請する方法

    【【Blogger】独自ドメインでアドセンスに申請する方法】Bloggerで独自ドメインを利用してアドセンスに申請することができます。申請する場合は、通常の申請フォームから必要情報の入力を行い、ヘッダーに申請用コードの挿入して審査の開始及び結果を待つのみです。

    独自ドメインを利用してアドセンスに申請する場合は、WordPressなどの他のブログ同様に「通常の申請フォーム」からアドセンスの審査に申請することができます。
    この場合は、無料ドメインで申請する場合とは異なり、

  • 開設直後
  • 少ない記事数
  • という状況下でも申請が可能です。

    合格後はBloggerの収益化メニューで連携させよう

    【Blogger-独自ドメインでアドセンスに合格した後に設定すべきこと】Bloggerで独自ドメインを利用してアドセンスに合格した後に「ADSENSEにリンク」及び、「広告を掲載する」の有効化をしておきましょう。

    独自ドメインを利用して合格できても、そのままだとBloggerの「Adsenseガジェット」を使用することができず、

  • 自動広告のみ利用する
  • テーマ(テンプレート)のHTML編集で直接広告コードを挿入する
  • 各記事の編集画面でHTMLビューに切り替えて直接広告コードを挿入する
  • 「HTMLガジェット」に広告コードを挿入する
  • ことくらいしかできません。
    なので、合格できたら収益化メニューで「ADSENSEにリンク」から、連携・接続させておきましょう。

    無料ドメインでも独自ドメインでも合格基準は一緒

    【無料ドメインと独自ドメイン】無料ドメインは一定の条件を満たしていると「収益化メニュー」からアドセンスの申請が可能です。しかし、無料ドメイン・独自ドメインにかかわらず審査基準は同一です。なので、早めに収益化したい人は独自ドメインで収益化しましょう。ただし、独自ドメインは維持費や購入費がかかるため、中々合格できなかったり、収益が発生しないリスクを考えると赤字になる可能性も否定しきれません。完全に初期費用を0円で収益化を始めたい場合は無料ドメインで収益化を目指しましょう。

    ただし、Bloggerの収益化メニューから申請する「無料ドメイン」であっても、「独自ドメイン」であっても合格基準は一緒です。違いは

  • 申請フォームが異なる
  • 条件が整っていない段階でも早く申請できる
  • >のみです。
    とはいえ、年々、アドセンスの審査や執筆した記事の検索上位表示が難しくなっていることから、
  • 中々合格できない
  • 合格できても収益を得られない
  • という状況になる可能性があります。
    それを考慮すると、わざわざ独自ドメインを取得するよりも、初期コストが掛からない、"無料ドメイン(blogspot.com)"で条件を満たし、収益化メニューから申請する方が良いかもしれません。

    アドセンスの審査に合格する方法・秘訣

    【アドセンスに合格する方法・秘訣】アドセンスの審査に合格することが年々、難しくなってきています。その一方で、ずっと不変なものもあります。それは「ポリシーを守ること」です。これこそが、最大の秘訣です。

    アドセンスの審査は、年々厳しくなっています。 ですが、合格できる絶対に守るべき基準やルールはほとんど変わっていません。(一部ポリシー変更により例外有り)
    つまり、アドセンスの審査に合格して収益化を始めるには、

  • 何かしら価値のある情報が含まれている
  • コンテンツにオリジナリティがある
  • 等の条件を満たせばよいのです。

    Adsense(アドセンス)に合格できない人に共通する理由

    副業を誰でも手軽に始められるブログ。 収益化させるために多くの方がGoogleAdsense(アドセンス)に申請します。 ですが、年々、合格のハードルが上がっていて、「ガイドラインをより、きちんと守らないと」不承認となります。 合格できない人の共通点について説明しています。参考にしてみてください。

    Adsense(アドセンス)が不承認となる原因

    【アドセンスの審査結果が不承認となる主な原因】アドセンスの審査結果が不承認となる主な原因としては、大きくわけると「コンテンツが無い」場合と、「コンテンツが複製されているサイト」の場合があります。「コンテンツが無い」とされている場合は、申請用のURLと実際のURLが違っていたり、申請用コードが挿入されていなかったり、記事そのものが無かったりする場合があります。念入りにチェックしていきましょう。次に「コンテンツが複製されている」とされている場合は、そのままの場合もあれば「すでにネット上に溢れすぎている内容」の記事が多いことを指摘している場合、または、ブログ内で同じような内容の記事が多かったり、移行完了できておらず、Googleインデックスに同一の記事が二つある状態の場合があります。後者の場合は、独自性のある記事を書いたり、移行完了まで待ちましょう。

    自分では一生懸命書いた、"有益"かつ"独自性"のある記事を書いていたとしても、

  • 価値の低い広告枠(コンテンツがない)
  • 価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)
  • などが原因で、不承認となることもあります。

    価値の低い広告枠(コンテンツがない)

    「価値の低い広告枠(コンテンツがない)」は主に、

  • URLが「申請時に入力したもの」と「実際のもの」が異なる場合
  • ヘッダーに審査用コードが入っていない場合
  • 記事が無いまたは少なすぎる場合
  • などの単純なミスが原因だったりします。
    申請時にミスが無いように入力を、また、それなりに記事を書いてから申請をするようにしましょう。

    無料ドメインを利用して審査する場合にやってはいけないこと
    【Bloggerの無料ドメインでやってはいけないこと】Bloggerの無料ドメインでアドセンスに申請中にURLを変えたり、不承認後に再申請するまでにURLを変更すると、「価値の低い広告枠(コンテンツがない)」ということになります。というのも、最初に申請したURLで審査し続けるからです。なので、アドセンス申請する場合はURL変更は絶対にしないようにしましょう。また、合格後であってもURLを変更すると、広告が表示されなくなり、再度表示させるために、再審査に合格する必要があります。原則としてURLの変更は行わないようにしましょう。

    また、無料ドメインで申請する場合に

  • 審査中にURLを変更
  • 不合格承認後にURLを変更し、そのまま再申請
  • すると、「価値の低い広告枠(コンテンツがない)」と不承認結果が返ってきます。これは、最初に申請したURLでアドセンス審査が進められる事に原因があります。
    なぜなら、申請の際に入力したリンク(URL)にアクセスして審査されるからです。
    もし、申請直後にURLを変更してしまうと、旧URLには何も表示されなくなるので、「コンテンツがない」と何度も返ってくるわけです。
    絶対に、アドセンスに審査中または再審査前にURLを変えないようにしましょう。
    (※当然ですが、合格後もURLの変更を行うと再審査が必要になります。)

    価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

    「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」は、

  • 漠然としすぎていて何を改善すれば良いかわからない
  • 具体的な原因を明示してくれない
  • ことから、悩まされることが多いです。
    筆者も、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)を脱するための原因追及に1か月も費やしました。

    コンテンツが複製されているサイトと出る主な原因

    コンテンツが複製されているサイトと出る主な原因は

  • 似ているサイトが沢山存在する
  • 同じような記事をいくつも書いている
  • ドメインを変更した際にドメインの移行が完了できていない
  • などが挙げられます。
    どれが原因かはっきりしていれば対策も簡単ですが、どれに該当するかはGoogleは教えてくれません。
    なので、「コンテンツが複製されているサイト」と不承認になった場合は、心辺りがある点を可能な限りすべてリストアップし、一つ一つ潰していきましょう。
    ちなみに、筆者の場合は、「ドメインの移行が完了しておらず、インデックスサーバーに同じ記事が二つある状態だった」ことが原因でした。

    まとめ

    BloggerはGoogleが運営しているサービスで、無料ドメインでも簡単にアドセンスに申請できます。
    しかし、Googleのブログだからといって、贔屓されて簡単に合格できるわけではありません。
    収益化を始めるためにも、まずは、しっかりと記事を作りこみましょう。

    [Blogger]Adsenseの自動広告を記事中の任意箇所に表示させる方法

    Adsenseの自動広告は、執筆者や読者の双方に不快感を与える場所に表示されることがあります。しかし、工夫次第によっては「ブログ側」で自動広告の表示場所を制御することができます。

    QooQ