【大学生必見】スカラネットで奨学金継続願を忘れずに提出しよう

2020/01/01

大学生活

t f P L

日本学生支援機構

【大学生】奨学金継続願を忘れずに提出しよう
多くの大学生が利用している奨学金といえば、日本学生支援機構(旧育英会)です。
この奨学金は
  • 無利子の第一種
  • 有利子の第二種
の二種類あります。
両方ともに年末年始に奨学金継続願を提出しなければ、奨学生の資格が終了し、奨学金がストップします。
かならず、年末年始に忘れずに提出しましょう。

奨学金継続願の内容

日本学生支援機構の奨学金を継続して借りる場合は、奨学金継続願の提出が必要です。
とはいえ、そんなに複雑ではありません。
スカラネットで
  • アンケート
  • 一年間の(学生の)経済状況を入力
  • ちょっとした作文
以上です。
慣れたら30分もかからない程度です。
ただし、これはインターネットで行わなければならず、スマホでの入力には対応していません。
  • 自分のパソコン
  • 学校のパソコン
などを利用して、パソコンで入力する必要があります。

スカラネットパーソナルに登録してない人は

スカラネットパーソナルに登録していない人の場合は、
スカラネットパーソナルに登録しないと、
  • 奨学金継続願の提出
  • 住所変更の手続き
  • 振り込み先変更の手続き
などができないので、まず、登録しましょう。

継続審査

日本学生支援機構に奨学金継続願を提出してから、奨学金を
  • 継続するか
  • 停止するか
の判断を各学校の事務員が行います。

奨学金が停止される人

ほとんどの人は、まず停止されることはないので大丈夫です。
しかし、中にはどうしても停止されてしまう人がいます。
理由は
  • 留年
  • 成績不振が二年間続いた場合
だけです。
また、アルバイト収入が多い人は、大学の事務員さんとの面談次第で停止になることもあります。
目安は、収入ー支出=30万円です。

絶対に申請を忘れずに提出しましょう

最後に、日本学生支援機構に必ず、定められた期間内に奨学金継続願を提出しましょう。
期限を過ぎて提出することは絶対にできません。
提出し忘れた方は
  1. 奨学金が停止される
  2. 自分で稼ぐor消費者金融で借りるしかなくなる
ことになります。
なので、絶対に、期限内に提出してください。

QooQ