車の免許はAT限定とMTどっちをとればいいか~現役教習生が教える~

2020/02/17

自動車学校

t f P L

車の免許はAT限定とMTどっちをとればいいか~現役教習生が教える~

車の免許はAT限定かMTどっち?

若者の自動車離れと言われていますが、それでも必要な時は必要です。
なので、免許を取りにいく人は多いです。
筆者もその一人です。
そこで、本記事では車の免許
  • AT限定
  • MT
のどっちで取るべきかについて、
現役教習生である(卒業しました)筆者がお話していこうと思います。

一昔前はMT免許が主流で、AT限定免許は邪道だったが・・・

一昔前ではMT車が主流で、AT車がレアでした。
しかし、
今では、普通車においては逆になっています。

普通車に乗るだけならAT限定免許で十分

今の時代、ほとんどの普通車がAT車です。
企業の社用車でも、ほとんどAT車です。
なので、一般的にはAT限定免許で十分です。

MT免許を取るべき人・職種

とはいえ、まったくMT車が無いというわけではありません。
むしろ、
  • トラック
  • バス
などはまだまだMT車です。
仕事でトラックやバスを運転するという人や、
車が好きで、スーパーカーなどを運転したい場合はMT免許を取りましょう。

後から仕事でMT免許が必要になった場合(AT限定解除)

特に大学生に多いことですが、
  • 在学中にAT限定免許を取得
  • 就職してから仕事でMT免許が必要になった
ということがあります。
こういう場合は、最寄りの自動車学校(教習所)で実技教習を4回程度受講することで、
MT免許を取ることができます。
これをAT限定解除と言います。

AT限定解除の流れ

仕事や趣味などの理由で、AT限定免許から限定解除してMT免許にすることができます。
限定解除までの流れは
  • 技能教習(最短4時限)
  • 卒業試験(限定解除審査)
  • 運転免許センター(運転免許証と指定技能審査合格証明書を持参)
でAT限定が解除されて、晴れてMT免許なります。

まとめ

今時、自動車の免許は
  • トラックやバスなどを運転する職に就く人
  • スーパーカー等に乗りたい車が好きな人
以外はAT限定免許で十分です。
もし、MT免許が必要になった際は簡単にAT限定を解除してMT免許を取得できます。
MT免許はAT限定免許より取得に
  • 費用
  • 苦労
  • 時間
がかかるので、早く車を運転したい方はAT限定免許を取りましょう。

QooQ