男子大学生が持ってるとカッコいいアクセサリー等の小物について語る

2020/04/16

大学生活

t f P L

男子大学生は持つべきアクセサリー等の小物

大学生はアルバイトで多少、お金に自由が利くようになります。
そのため、ハイブランドの
  • 時計
  • 衣服
  • バッグ
が欲しくなります。
お金があることはわかるけど・・・、カッコいいかどうかは別なんだよね~・・。
そうなんです。
いくらギラギラしたハイブランドで身を包んでも、似合ってなければ意味ないのです。
ダサくなるだけです。
そこで本記事では、大学4年生(男子)の筆者が
持ってたらカッコいい
  • 小物
  • アクセサリー
を紹介していこうと思います。

真にカッコいい大学生は良い万年筆を持っている

大学生の本文は「学業」なので、勉学に関係するものを持つべきです。
ところで、勉学に関係するもので、
  • ちょっとお高くて
  • 頭良さそうに見える
  • 多くの人が持ってなさそう
な物ってなんでしょうか?。
iPad・・・?
確かに、「iPad」も持っていたらカッコいいですが、違います。
それに、「iPad」は勉学に直接的に関係するかと言うと、微妙ですよね(笑)。
そんなものあるわけない!!
いいえ、あります。
答えは『万年筆』です。

万年筆は渋いけど大人っぽいし十分に高級グッズ

でも、今時、『万年筆』って・・・。
渋い(笑)。
確かに、渋いかもしれませんね。
ですが、『万年筆』の中には10万円近くするブランドもあるんですよ?。
筆記用具で10万円ですよ。
それをさり気なく使う・・・十分
  • 大人っぽい
  • お金持ちっぽい
雰囲気があって、カッコいいですよ。
確かに。
自慢せず、さり気なく使う・・・、大人っぽい・・。
カッコいい・・。




真にカッコいい男子大学生はG-Shockの腕時計を使っている

本当にカッコ良くて、大人っぽくて賢い人は、
  • 主張激し目なブランドで身を包む
  • ブランドを自慢する
様なことはしません。
ブランドを保有していても、ブランド主張は控えめです。
腕時計もそうです。
主張控えめなブランドの腕時計ってあるの?
あります。
それは「G-Shock」です。
あ、知ってる。
あるじ様のお気に入りの"頑丈さ"が売りの「Casio」ブランドの腕時計だよね。

【大学生】オススメの腕時計「G-Shock」を着けて大学へ行こう

腕時計って、安価な物から何千万円もする高級な時計もあります。皆さんは、どのような腕時計を付けていますか?。筆者は【G-Shock】です。 大学に着けていく腕時計としては「G-Shock」をオススメします。


でも、「G-Shock」にも銀色フレームの目立つ腕時計あるよ?
確かに、フレームの"一部"が銀色の種類もあります。
ですが、一部です。
などのカラーや、樹脂素材でギラギラ高級感を中和しています。
「G-Shock」の腕時計と「本体の全てが銀色でギラギラしている」腕時計と比較したら、G-Shockは比較的安価に見えますよね。
比較しなくても、「めちゃめちゃ高級」という主張は感じないよ。

G-Shockは高級な上に頑丈

G-Shockの魅力は控えめ主張の高級ブランドなだけではありません。
かなり無茶な使い方をしても壊れないという"頑丈さ"も売りです。
  • ぶつけたり落としたりしても
  • 激しい振動を加えても
  • 水に濡らしても
全然壊れません。 講義の他に、サークルやアルバイトなどで活発に行動する大学生には特におすすめです。



真のカッコいい男子大学生は良い財布を持っている

キャッシュレスの時代に「財布かよ!」って総突っ込みを受けそうですが、
財布はまだまだ使えます。
例えば、通常の現金用としては勿論、
  • 学生証・定期券入れ
  • 名刺入れ
  • クレジットカード入れ
として使えます。
財布って割と高そうなものってわかりやすいです。
そして、人目に触れることから、さり気なく使うだけで、
  • お金持ち
  • できる
オーラが漂います。
大人であるほど、財布の価値がわかる人が多くなるよね~。
財布は
  • ルイビトン
  • グッチ
のハイブランドだと分かり易いよね。
有名だしすぐお金持ちってわかる。
なので、財布だけは本気でハイブランドを狙いに行きましょう。




まとめ

はっきり言って、ただ単に、全身をギラギラのハイブランドを身に着けるだけでカッコよくなれると思ったら大間違いです。
ギラギラのハイブランドは似合う人が、
  • 相性の良いコーデ
  • 部分的に身に着ける
ことでカッコよくなるんです。
ですが、似合わない人もいます。
じゃあ、他にカッコつける手段は何があるの?
  • 主張控えめ
  • 一般的でない
ものを身に着ければいいんです。
例えば、『万年筆』は、今時の大学生にとっては一般的ではありません。
しかし、高級であることは知られています。
自慢しなくても、さり気なく使うだけでアピールになるよね~。
そうです。
無理に
  • 自分に合わない
  • 主張激しいギラギラグッズ
のブランドに身を包む必要はないんです。
主張控えめだっていいんです。
自分に合う、無理のないブランドを身に着けて、真にカッコいい大学生になりましょう。






サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

ブログ アーカイブ

QooQ