[Blogger]独自(カスタム)ドメインブログをIpv6に対応させてみた

2020/05/25

Blog

t f P L

BloggerブログをIpv6に対応させる

BloggerブログをIPv6に対応させてみた
時々、「IPv4の在庫枯渇」というフレーズをネットニュース等で耳にすることがあると思います。
そして、いずれは、IPv6に完全移行していくことを望まれています。
しかし、そのためには
  • ユーザーの端末とOS
  • ネットワーク回線(ISP)
  • ブログやサイトなどのコンテンツ
の全て「Ipv6対応」という条件を満たさねばなりません。
そこで、思い立ったが吉日ということで、このブログをIpv6に対応させました。
本記事では、その経験に基づいて
  1. IPv6に対応に必要な条件
  2. Blogger(独自ドメイン)をIPv6対応させる方法
について紹介していこうと思います。

IPv6に対応するために必要な条件

厳密に言えば、もっと沢山するべきことがあると思いますが、
ざっくりというと、
  1. サーバー側がIpv6に対応している
  2. 独自ドメインがIpv6に対応している
ことが、まず、絶対に必要です。

サーバー側がIpv6に対応していれば後は楽

皆さん、ブログやWebサイトの運営にいろんなサーバーを利用していると思います。
  • Xサーバー
  • さくらサーバー
  • etc...
これらのサーバーがまず、
  • ハードウェア面(アダプタ)
  • ソフトウェア面(ドライバ等)
でIPv6に対応していることが前提となります。
もし、両方ともに対応していれば「IPv6」用のグローバルIPがあるはずなので、各自ご利用されているサーバー会社に問い合わせてみてください。

グローバルIPがわかったら

BloggerのIPv6対応のためのDNSレコード設定
グローバルIPがわかったら、あとは、
  • お名前ドットコム
  • ムームードメイン
など、皆さんが取得したところで「DNSレコード設定」で「AAAA(クアッドAレコード)」を追加してください。
これで、一応IPv6対応完了です。

ちなみに・・・

ちなみに、ご存知だとは思いますが、
DNSレコードというのは、ご自身が契約しているサーバーのものなので、
  • ご自身が契約なされている
  • その独自ドメインがインストールされている
サーバーのDNSレコードを使わないと、ご自身のブログやWebサイトは表示されません。
そのサーバーに存在しないドメインのサイトは「サーバー内」で探しようがありません。
なので、
  • Xサーバーを利用している方はXサーバーのDNSレコード
  • Googleサーバーを利用している方はGoogleの〃
を使いましょう。

Bloggerの場合はすぐに対応できる

筆者の運営形態「Blogger+独自ドメイン」の場合は、GoogleサーバーがすでにIPv6に対応しているので楽です。
  • お名前ドットコム
  • ムームードメイン
  • GoogleDomains
などのプラットフォームのDNSレコード設定で、
以下のAAAAレコードを追加するだけです。
 Name   TTL レコード 値 

3,600 AAAA 2001:4860:4802:32::15 
 3,600 AAAA    2001:4860:4802:34::15 
 3,600 AAAA 2001:4860:4802:36::15 
 3,600 AAAA 2001:4860:4802:38::15 
なお、「blogspot」ユーザーは、すでに「IPv6」に対応しているので大丈夫です。
A レコードの設定

Ipv6に対応しているかどうかの確認

Ipv6に対応しているかどうかを確認する方法は「自分で確認する」ですが、
  • 契約している回線がIPv6未対応
  • 端末やOSが未対応
という場合があると思います。
筆者も、回線がIPv6未対応です。対応していました。(IPv6を無効化してただけでした)
そこで、どうやって確認するのかというと、「nslookup」です。

nslookupを使って確認する方法

IPv6の確認方法
「nslookup」を使って確認するには
  1. コマンドプロンプトを開く
  2. 「nslookup (ご自身の独自ドメイン)」と入力
  3. Enterキー
操作は以上で、「○○○○:○○○○:○○○○」のように":"(コロン)が入っているIPアドレスが表示されればIPv6対応できています。
ただ、この方法ではサイトの表示が崩れているかどうか知ることができないので、
可能であればご自身の目で確認なされることをおすすめします。

IPv6のみで表示した場合

IPv4で作成したブログやWebサイトをIPv6のみで閲覧すると
  • 基本的に表示は崩れない
  • ブログカードなどは表示されなくなる
という感じでした。
簡単に説明しますと、
  1. デザインや形は崩れない
  2. 内部スクリプトは問題なく動作
  3. 外部スクリプトは、外部サーバーがIPv4のみの場合は動作しない
これは、どうしようもないですね。

まとめ

本記事では、IPv6に対応する方法をお話してきました。
ですが、
  • これの他にもするべきことはある
  • 人によっては抽象的過ぎる
かもしれませんが、絶対に必要なことは書いたつもりです。
また、今すぐに対応する必要があるというわけでもなく、当分の間は
  • IPv4
  • IPv6
の併用の時代だと思うので、焦らずじっくり対応していきましょう。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ