【Word】見出しをうまく利用して綺麗に資料を作る方法

2020/05/15

パソコン

t f P L

Wordの見出し機能を利用しよう

【Word】見出し機能を利用しよう
Wordは、社会人や大学生はもちろん、PTA役員などに
  • レポート
  • 報告書
などの作成に利用されています。
また、これらは、人に見せるものなので、見やすいように、
見出しやフォントを設定し、配慮する必要があります。
そこで、本記事では「見出し」についてお話していきます。

Wordの見出し機能をご存知ですか?

皆さん、レポートや報告書を作成する際に
  1. 「1.○○○○」と記す
  2. フォントを調整
という手順を踏んでいたりしませんか?
慣れていれば問題ないかもしれませんが、面倒です。
そこで、Wordで標準でついている「見出し機能」を利用するのを筆者はおすすめします。

Wordの見出し機能を使うことのメリット

Wordの見出し機能を利用すると
  1. 1回のクリックで文章と区別ができます。
  2. 「見出し1」から「見出し3」まで標準で使用可能
  3. 見出しを一括で編集できる
という特徴があり、直接見出しを作成するより、手間が省け、
  • 作業効率が飛躍的に向上
  • 自動的に見やすさの改善
するができます。

見出しを設定する方法

【Word】見出し設定方法
Wordの見出し機能を利用することで、1回のクリックで見出しを作成することができます。
手順は
  1. 見出しにしたいところを選択
  2. 「ホーム」にある「スタイル」から「見出し」をクリック
以上です。

同じ見出しを一括で編集する方法

Wordの見出し機能を利用して作成した見出しは一括で
  • 斜体や太字、下線
  • フォント
  • 「箇条書き」や「段落」記号
などの編集をすることができます。
例1) 見出し1の詳細(プロパティ)自体を変更する
  1. 「ホーム」の「スタイル」から「見出し1」を右クリック
  2. 「変更」を選択して「スタイルの変更」を開く
で以上です。
見出しの記号を変えたい場合は、スタイルの変更から書式をクリックして「箇条書きと段落番号・・・」をクリックしてください。
【Word】見出しの書式変更方法
ただし、これは「見出し1」の「プロパティそのもの」の変更なので、今回の資料に限りという場合には向いていないかもしれません。
今回の資料に限り変更したい場合は、これ以外にも方法はあります。
  • 箇条書き記号
  • 段落番号
の変更はできませんが、見出しを選択して直接書式を変更して、一括で同じ見出しに更新することもできます。
例2) 見出し1を大まかに変更する
  1. 文中の「見出し1」のどれか一つを選択
  2. 直接「ホーム」の「フォント」等で書式変更
  3. 「スタイル」の「見出し1」を右クリック
  4. 「選択個所と一致するように見出し1を更新する」をクリック
これで、一気にすべての「見出し1」が変更されます。

見出しを増やす方法

【Word】見出しを増やす方法
Wordの見出し機能は、デフォルトでは「見出し1」から「見出し3」しか選択できません。
その三つで賄える範囲であれば問題はありませんが、
  • レポート
  • 報告書
の場合は、見出しが不足することもあると思います。
ですが、簡単に「見出し」を増やすことも可能です。
  1. 「ホーム」の「スタイル」の箱
  2. 箱の右にある「▼」の下の記号をクリック
  3. 「スタイルの作成」
  4. 「変更」で詳細を設定
で好きな見出しを作成することができます。
一度、作成したらずっと使えるので、その都度作る必要はありません。

まとめ

レポートや報告書、広報資料の作成って面倒くさいですよね。
  • 時間もかかるし
  • 疲れるし
結構ストレスたまります。
なので、Wordの見出し機能をうまく利用し、スムーズに資料を作成して楽しましょう。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ