【大学生必見】アルバイトをする前に自分専用の銀行口座を作ろう!

2020/05/12

アルバイト 大学生活

t f P L

大学生になったらまず銀行口座を開設しよう

大学生と銀行口座
大学生になると、アルバイトを始めますよね。
そのバイト代以外にも、奨学金などを預けるために口座が必須です。
普通は、親の作った銀行口座に
  • バイト代
  • 奨学金(受ける人のみ)
を入れます。
ですが、絶対にやめた方がいいです。
自分専用の口座を開設することを100%オススメします。
本記事では、筆者の経験を元に
  1. 自分専用の銀行口座を開設するべき理由
  2. 銀行口座の開設方法
についてお話していこうと思います。

自分専用の銀行口座を開設するべき理由

銀行口座に
  • アルバイト代(給料)
  • 奨学金
を振り込みますよね。
結論から言うと、親に勝手に使われます。

実際にあった事例

筆者の場合は、「アルバイト代が入ったら、そこから1万円」なので、全然良い方でしょう。
というのも、もっと酷い事例があるからです。
筆者の友達曰く
  • アルバイト代で貯めた100万円のうち4割とられた
  • 奨学金を勝手に使われた
という酷い話を聞きました。

親が開設した口座を利用している人は要注意

親が開設した口座をそのまま利用している人は多いと思います。
親は、
  • キャッシュカード
  • 通帳
のどっちかを必ずもっています。
故に勝手に引き落とすこともできるんです。
なので、自分専用の口座を開設していない人は要注意です。
というか自分専用の口座を開設しましょう。

銀行口座の開設方法

銀行口座は結構簡単に開設できます。
例えば、ネットバンクの楽天銀行の場合
  • 氏名などの基本情報の入力
  • キャッシュカードの選択(クレジット機能の有無など)
  • 本人確認
以上でOKです。

本人確認の方法

本人確認には、
  • キャッシュカードの受け取り時に「本人確認書類」を配達員に提示
  • 「本人確認書類」を郵送
の二つのパターンがあります。

まとめ

親にある程度バイト代を引かれるのは、別に常識的に普通です。
でも、勝手に、
  • 巨額なお金を引き落とされたり
  • 奨学金を勝手に使われたり
すると、大学生活が終了してしまうリスクがあります。
なかには、学費と生活費をバイト代と奨学金でギリギリな人もいますからね。
なので、絶対に、自分専用の口座を開設しましょう。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ