【道路交通法】自転車の煽り運転に関するお話

2020/06/13

自動車学校

t f P L

道路交通法と自転車と煽り運転

皆さんこんにちは。
6月30日から「自転車」の煽り運転が「危険行為」に追加されることをご存知ですか?
実際に施工されてからは「知らなかった」では済まされません。
そこで、
  • 少しでも認識が広まるよう
  • 誤解が生じぬよう
本記事では、道路交通法について現在、自動車免許本面学科試験の勉強をしている筆者が、お話していこうと思います。

「自転車の煽り運転」に定義される内容とは何ぞや?

道路交通法の法改正で新たに危険行為に「煽り運転」が追加されます。
その内容は通行の妨害を目的に危険な行為(7項目)を行うことです。
「急に厳しくなった!!」と感じる人は多いのではないでしょうか?
でも安心してください!
元々道路交通法で定められている「禁止行為」がほとんどですから。

禁止行為その1「逆走」

皆さんご存知だと思います。
そもそも、「逆走」そのものが他の交通を妨げる行為です。
そこに「妨害意図」の有無は関係ありません。
  • 明確
  • 重大
な道路交通法違反(道路交通法十七条四項)です。

禁止行為その2「幅寄せ」

これに関しては、自動車においては
  • 禁止されている場合
  • 禁止されていない場合
があります。
では、幅寄せが禁止されている対象の車は何でしょうか?

幅寄せが禁止されている対象自動車

みなさん、ご明察の通り
  • 仮免許練習標識
  • 初心者運転者マーク
  • 高齢者マーク
  • 障害者マーク
を付けている自動車です。(道路交通法七十一条)
その理由は言うまでもないと思いますが、
幅寄せをされると対処できず、事故につながる危険性があるからです。

「自転車の」「自転車に」幅寄せが禁止な理由

同様に
  • 自転車が「車」に幅寄せれる
  • 自転車は「車」に幅寄せられる
と「転倒」及び「怪我」の危険があります。
「自動車側」や「自転車側」にとって非常に迷惑ですから。
以上のことから禁止です。

禁止行為その3「みだりに進路変更を行う」

これも、自動車の免許をお持ちの方であればご存知だと思いますが、
道路交通法二十六条にしっかりと記載されています。
なので、そもそも、
  1. 不必要な進路変更
  2. 進路変更禁止場所での進路変更
  3. 追い越しされるタイミングでの進路変更
も、明確かつ重大な道路交通法違反です。

禁止行為その4「必要のないベル(=警報機)」

これも、そもそも、道路交通法五十四条にきっちりと書かれています。
「ベルはクラクション(Beep音)と同じ」という意識を持ちましょう。
  • 「ビープ音鳴らせ」の場所以外
  • 危険を回避する目的以外(御礼や合図も含む)
では原則禁止です。
当然ですが、歩行者に対してベルを鳴らすのもNGです。

禁止行為その5「不必要な急ブレーキ」

急ブレーキも、道路交通法二十四条にしっかり「禁止」と明記されてます。
いきなりブレーキを掛けると後続車に追突される危険性があるからです。
とはいえ、
自転車に急ブレーキってどうなんでしょうかね・・・。
  • 車道を走行するとはいえ、右端ですし
  • 自動車は普通に避けていきますし
私的解釈に過ぎませんが、恐らく「速度の出しすぎ」を間接的に取り締まろうということではないか、と思っています。
自転車の速度制限は難しいですから。

禁止行為その6「車間距離を縮める」

これも、道路交通法二十六条にしっかりと明記されています。
ただし、私的見解ですが、
ロードレーサーなどが
  • 仲間同士
  • 体力回復目的
でよく行われる、先頭の人が風よけになる「引っぱる」行為は例外だと思います。
また、追い越しを行う際は「自転車1台分」の距離で追い越し開始しましょう。

禁止行為その7「追い越し禁止違反」

これが最も、勘違いの多いことですが
別に「追い越し」の禁止ではないことをまず理解してほしいです。
あくまで「追い越し禁止」の違反です。
自動車ですら禁止していないので、自転車だけ禁止というわけがないのです。
なので、
  1. 「追い越し禁止だから~ふふふ( *´艸`)」
  2. 「追い越しされた!通報!」
をしたら、かえって逆に、
  • 「譲る義務」違反(道路交通法二十七条)
  • 単純に妨害行為
ともなりますので注意してください。

追い越し禁止の具体例

じゃあ、具体的に何がダメなのでしょうか?
これも、ドライバーさんならご存知だと思いますが、
例えば、
  • 追い越し禁止場所での追い越し
  • 二重追い越し
ですね。
また、前方に追いついて、いつまで経っても追い越し開始しないのもアウト(煽り=車間距離を縮める行為)なので注意しましょう。

勘違いが多い「追い越し」と「追い抜き」

追い越しと追い抜き
また、
  • 追い越し
  • 追い抜き
をよく混同する人がいますが、定義が違います。
追い越しは、簡単に言えば「前方」を避けて前に出る行為です。
一直線に「ギュイーン」と前方に出る行為は「追い抜き」です。

交差点でのすり抜け

筆者も、路上教習で冷や冷やすることがありました。
  • 信号待ち
  • 右折時
の時に自転車が隙間をすり抜けてこようとしたんです。
ですが、これは道路交通法的に何も問題はないのです。

自転車のすり抜けが問題ない理由

すり抜けが問題ない理由は
  1. そもそも車は停車してるから「追い越し」「追い抜き」に該当しない
  2. 止まっていなくとも「すり抜け」は「追い抜き」なので車線変更の必要はない
からです。

どうしても嫌なら・・・

事故防止のために「思いやり精神」でキープレフトをして、「すり抜け」させないようにしてあげましょう!
筆者は縁石ぎりぎりまで寄せて信号待ちするように意識してます!

追い越し追い抜きされてイライラする場合の対処

「追い越し禁止違反」は「追い越し禁止」の違反であって「追い越し」自体の禁止ではないです。
でも、やはり、
  • 追い越し
  • 追い抜き
されるとイライラしますよね。よくわかります。
筆者はママチャリでロードバイク乗りを追い越し「返した」経験があります(笑)
でも、一旦立ち止まって深呼吸してみてください。道路は「公共」です。
みなさんが、もし、「俺(私)が前にいるんだから、前に出るな!」と言われたらどう思いますか?
腹立つ気持ちもわかりますが、速度を落とさざるを得ないなどの場合を除き、
「あの人は急いでるんだなぁ」と暖かい目で見てあげましょう。
だって、
  • 追い越されても
  • 追い抜かれても
何も損がないのですから!

まとめ

今回の法改正は、もともと「道路交通法」に定められている内容の強調に過ぎません。
なので、
  • 必要性があるのか
  • 必要性がないのか
と問われたら微妙です。
どちらかといえば、
「自転車も」と示すことで警察が、より強い根拠を持って取り締まれるようになる「警察のため」の法律なような気もします。
何にしても、「知らなかった」では済まされませんので注意しましょう。
また、
  • 追い越し
  • 追い抜き
自体は問題ありません。それゆえに、煽られた側の立証も難しいところがあります。
そこで、万が一の時のために
  • GoPro
  • ドライブレコーダー
などの利用をお勧めします!
ちなみに、バイク用のドライブレコーダーなるものがあるようです。

道路交通法を守って(大前提)、マナーも守り、思いやりのある運転をしましょう!

長文お疲れ様でした。


AKEEYO バイク用 ドライブレコーダー 前後 200万画素 120°広角カメラ 1920×1080P 3インチIPS液晶 WDR リモコン付き 全体防水 32GB MicroSDカード付き Gセンサー 常時録画 ループ録画 日本語説明書 一年間品質保証 AKY-958 (AKY-958)

新品価格
¥15,888から
(2020/6/12 23:28時点)

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ