大学を中退・留年する人の特徴と対策

2020/06/04

大学生活

t f P L

大学を退学や留年していく人の特徴と退学や留年しない方法

大学では、小学校や中学校、高校と違って、普通に多くの人が
  • 留年
  • 中退
して消えていきます。
筆者と付き合いのあった友達も、4年生に進級する頃には半数にまで減っていました。
ですが、彼ら・彼女らは決して
  • 勉強が苦手
  • コミュニケーション能力が無い
わけではありませんでした。
じゃあ、何で退学・留年していっちゃったの?
結論を言えば、中退や留年で消えていった大学生には、"とある"物が欠けていたからです。
そこで、本記事では、大学で
  • 留年
  • 中退
により、付い行けなくなった友達を切り捨ててきた筆者が、
  1. 中退・留年をする人の共通点
  2. 中退・留年にならないために意識すべきこと
を紹介しようと思います。

大学を中退・留年する人には共通点がある

大学では、勉強ができる人やコミュニケーション能力が高い人でも普通に
  • 留年
  • 中退
していきます。
大学で留年・中退していく人って、ボッチな印象があるのだけれど・・意外とそうじゃないんだね。
そうなんです。
意外と、ボッチだからといって進級や卒業ができないわけじゃないんです。
  • 中退
  • 留年
する人は、ボッチ・非ボッチ関係なく「気合と根性が不足している人」が多い傾向にあります。

気合が無いと大学生活は終わってしまう

文系は・・・知りませんが、理系の場合は"根性"が無い人は、高い確率で留年・中退します。
バイトや遊びに奔走する大学生居るよねー。
高校の先生の多くは「大学は人生の最大の夏休み」と言い聞かせます。
あながち間違ってはいませんが、そのまま受け取ると地獄が待っているのは確実です。
しかし・・・、残念なことに甘い幻想を捨てきれない人がいるのが現実です。
そして
  • アルバイト
  • 遊び
に集中してしまい、そのまま単位を落とす人は多いです。
筆者の友達にもいました。
そして何度も忠告しました。
あるじ様は優しいね・・。
しかし、聞き入れて貰えず「わかってる(笑)。」と言いつつも、バイトに奔走・・そして案の定"留年"しました。
「何が何でも卒業する」という気合が足りなかったことが最大の原因です。

根性が無ければ大学生活が終わってしまう

大学生活は、"気合"が無いとダメですが、"気合"があっても"根性"が無ければ
  • 留年
  • 中退
する危険性があります。
単位落とすこともあるだろうし、試験や提出物で追い込まれることもあるよねー。
そうなんです。
大学は、教育機関なので追い込まれることも多いです。
  • 3年生で必修科目を落としたり
  • 試験勉強や提出物の締め切り
など、様々な要因で追い込まれます。
根性が足りなかったり、「これくらいでいいだろう」と自分で決め付けて行動したりすると、普通に留年します。
でも、計画的にちゃんとしてたら問題ないんじゃないかな・・?
計画的に、講義の理解や提出物の進行が進めば確かに問題はありません。
そして、その計画は普通、余裕をもって立てるものです。
しかし、現実には"想定外"なことが起こるものです。
具体的には、
  • アルバイトで「残業」や「欠勤の穴埋め」の発生
  • 製作物が上手くいかない
  • 再提出が求められた
等々。
まぁ、何事にも想定外っていうのはあるよねー。
そういう想定外が起きた場合に、
  • 明日のことを考えずに睡眠時間を削る
  • 諦めて明日のために寝る
どちらを選びますか?。
えいりは後者かな~。
明日、睡魔に襲われるかもだけど・・その時は栄養ドリンクで目を覚ませばいいし・・。
翌日のパフォーマンスが下がることを恐れて、計画通りに寝ると"巻き返し"に苦労することとなります。
なぜなら、既に計画倒れが起きているわけですから・・、次々と雪崩れ的に計画に遅れが生じます。
最後に待っているのは
  • 留年
  • 中退
です。
"鬱"になっちゃうこともあるからねー。
一方で、根性で徹夜して目標を達成すれば、心に余裕を持てます。
同時に睡魔がやってきますが、栄養ドリンクで十分対応可能です。
ちょっとくらい無理する覚悟(根性)は必須です。

大学を留年・中退しないためにはどうればいいのか?

もう答えは出ていると思いますが、大学を留年や退学をしないためには
  • 気合
  • 根性
を鍛えるしかありません。
精神論(笑)。
でも、そこが一番重要だよね。
計画性も大事です。
しかし、想定外なことが起こり、"計画倒れ"が起こることは絶対あります。
計画倒れが起きても、そのまま計画を守ろうとすると、破綻します。
ダイヤが乱れた時に、
  • 運休するか
  • 振替輸送をするか
の違いだね。
そうなんです。
計画が崩れた時に、根性で"巻き返し"をできるか否かが未来を左右します。
また、恥をかいてでも、迷惑をかけてでも「絶対に何が何でも卒業する」という気合も重要です。

まとめ

大学は、高校までとは違って普通に
  • 留年
  • 中退
します。
そうはならないためにも、油断せずに、時には
  • 無茶をしてでも
  • 恥をかいてでも
単位を取り、ストレートで卒業しましょう。

検索

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ