【大学生諸君】「簡単に稼げる」うまい話に騙されるな

2020/06/25

雑記 大学生活

t f P L

大学生諸君!うまい話に騙されるな

現役の大学生の皆さん、これから大学生となる皆さん。
大金を
  • 簡単に
  • 短期間に
  • 合法的に
稼げる方法なんて存在しません。
ですが、例年、信頼している先輩や友人から「おいしい」話を聞かされて、
何万円もしくは何十万円もする「情報商材」を買わされるといった被害に遭われる方が後を絶ちません。
大学生のUSB事件は一時期話題になりましたよね。
なので、そういった方々の情報リテラシーを向上させるべく、
本記事では『情報の真偽を見分ける方法』についてお話していきます。

おいしい話は"ほぼ"噓という現実

信頼しているサークルの先輩や、友達に「簡単に稼げる方法を教えてあげよっか?」
なんて言われたら、多少なりとも信じてしまいますよね。
筆者でも、0.01%くらいは信じちゃいます。
ですが、よく考えてみてください。
何の
  • 対価
  • リスク
もなしに稼げるわけないじゃないですか。

お金を稼ぐためにはリスクや対価が必要

投資だって元資金がパーになったり、あるいは赤字になったりするリスクを払っています。
ブログだって、
  • 莫大な時間
  • 自分の知恵(無形財産)
を切り売りして稼ぐわけです。
そして、確実に稼げるわけではありません。
YouTuberだって、
撮影や編集のために、
  • 莫大な時間
  • 知恵(無形財産)
  • 個人情報
を提供しているわけです。
なんだって、リスク込みなわけです。
もちろん、悪質な商法だってリスクもりもりです。

お金を稼ぐのにリスクは付き物

YouTubeやブログでもリスクがあるなら、悪質な商法と同じでは・・・?
いえいえ、同じリスクでも「危険度」が違います。
  • 投資のリスク
投資は、
1.お金が消える
2.借金を抱えてしまう
という危険性はあります。
ですが、それ以上でもそれ以下でもありません。
お金だけで済むのです。
そして、しっかり勉強をすることで、リスクを最小限化できるのです。
  • YouTubeやブログ
YouTubeやブログも、
1.時間の消費
2.個人情報漏洩
のリスクはあります。
時間はともかく、個人情報漏洩は大きなリスクですが、
「世間から叩かれるようなこと」をしなければいいだけのことです。
  • アルバイト
アルバイトもリスクがあります。
1.莫大な時間の消費
2.体力の消費
の割には、低賃金ですよね。
でも、逆にとらえれば時間と体力の消費だけがリスクです。
  • 悪質な商法
例年、何人かの大学生が被害に遭っているのは
この
1.マルチ商法
2.ねずみ講
です。
もちろん、正規の稼ぎ方を紹介する情報商材を非常識的な値段で売る系もあります。
ですが、仮に、一時的に稼げたとして失うものが多いです。
なぜかというと、
1.信頼性と人間関係を失う
2.物によっては逮捕される
リスクがあるからです。
同じ「リスク」でも、危険度が全然違うんです。
貴方は、これでもまだ、この悪質な「美味しい話」を信じますか?

すべて噓とは限らないのも事実

ですが、100%すべてが嘘話というわけでもないのが事実です。
なぜか?
友達を信じてついていき、起業して成功して大金を稼げたという事例が無い分けでもないからです。
では、どうやって見分ければ良いのでしょうか?

情報の真偽を見分ける方法

近年、
  • 情報の根拠は気にしない
  • 発信者の信頼性を重視する
傾向にあります。
レポートの「参考資料」としては重要な意識ですが、
「カリスマ」を利用した『詐欺』があることから、
場合によっては、非常に危うい意識でもあります。
なので、「根拠」も重視しましょう。

SNSでは真偽を見分けることが難しい

近年、SNSの普及により、
  • Google
  • bing
などで検索するよりも、SNSで調べる人が増加傾向にあります。
ですが、SNSには「文字数制限」があり、根拠をセットで述べることが難しいです。
その為、発言者の認知度や影響力が一つの信頼材料になっています。
ですが、残念ながら
  • 認知度
  • 影響力
は「正しさ」に直結しません。
(国のお偉いさん方が虚偽報告して、国会で問いただされることは昔からありますよね。)

間違った発言をすると大惨事になる

その影響で、著名人が少しでも
  • 誤った
  • 冗談交じり
な発言をしてしまうと、社会的に大問題となる時代になっているように思えます。
その結果、
  1. 簡単に主張ができなくなり
  2. 集団同調圧力がさらに強くなり
さらに主張できなくなるという連鎖が、実際に、身近なところ
  • 学校
  • ご近所
で起こっています。
「監視社会」というワードを聞いたことはありませんか?

まとめ

かなり話が脱線しましたが、原則として簡単に人の話を信じてはいけません。
特に、美味しい話は疑ってかかるべきです。
しかし、全てが嘘というわけでもありません。
なので、信じる前に、しっかりと根拠を聞いて、
  • 自分で調べて
  • 自分で考えて
嘘では無いことを自分で確認しましょう。
一昔前(SNSの一般普及する以前)までは、インターネットの情報の
  • 正当性
  • 根拠
を調べるために、いくつものサイトをハシゴしたものです。
今でも重要だと筆者は思っています。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ