【誹謗中傷と批判】違いは何?なぜ、どういう人がするの?

2020/06/06

雑記

t f P L

誹謗中傷はなぜ起こる?

誹謗中傷はなぜ?誰がするの?
誹謗中傷と批判について、今、大問題となっていますよね。
筆者はどちら側かと言いますと、正直、もっと早く対策して欲しかったと思う側です。
あるじ様は、小さいとはいえ、被害経験あるもんね。
そうです。
以前作っていたブログのコメント欄で
  • 暴言
  • 小汚い言葉
を書かれて、幼かった当時、恐怖心からブログを閉鎖及び削除しました。
あらら・・。怖かったよね。
なので、もっと早く「誹謗中傷」撲滅運動が起こって欲しかったというのが本音です。
それはさておき、本記事では
  1. どんな人がなぜ誹謗中傷するのか
  2. 誹謗中傷と批判の違い
  3. その対策
についてお話ししていきます。

誹謗中傷をする人はどんな人で目的は何?

そもそも、なぜ人は誹謗中傷するのでしょうか?
正義感が強い人?
筆者がTwitterで分析してみたところ、
だいたい誹謗中傷する人は大きく3パターンです。
  1. 正義感の強い人
  2. 愉快犯
  3. 誹謗中傷と批判の違いがわからない人
の3パターンです。
そして意外な事実として、普通の人である場合が多いです。
お隣さんも可能性があるってこと?
怖い・・・。
そうです。いつもは優しい
  • 御近所さん
  • 職場の人
  • 友達
誰だってあり得ます。
このことから、誹謗中傷する人は、意外と身近に居ると言っても過言ではないです。
あるじ様は、それでもよく人と接していられるよね。
すごいよ。
筆者はそれで人間不信になりました。
そうじゃなかった。
でも、そうだよね。
全員"敵"と言っても過言じゃないもんね。

正直で感情的になりやすい人

一つ目は、自分の気持ちをそのまま言っちゃう正直な人の中でも、感情的になりやすい人です。
そういうタイプの人は
  1. 目についた
  2. 気に入らない
  3. 誹謗中傷
となってしまうのです。
よくTwitterで見かける典型的なパターンだね。

愉快犯

二つ目は愉快犯です。
  • 優越感を得る
  • ストレス発散する
ために誹謗中傷を行っている方がTwitter上で散見されます。
なぜするのかというと、
他人を落とせば、自分が上になるという、「下剋上」をすることで、快感を得られる謎理論からです。
率直に言うと、無意味なんですけどね。
謎理論で、無意味なんだ。
でも、どうして?
筋が通っているように見えるけど。
そもそも、評価というのは他人からされるものですよね?
仮に、芸能人の評価を無理やり落とすことに成功しても、匿名の時点で自分自身の評価は上がりません。
確かに、評価されるような"批判"でも、
匿名なら評価すべき相手がわからないもんね。
そして、基本的に批判する人は、
評価が下がるのは常識。
そして、芸能人には多くのファンがいるので、自身より評価が上なのは変わりありません。
むしろ、逆に、誹謗中傷により訴えられ、自身の評価が下がるリスクが非常に大きいわけです。
確かに、評価してくれる人の数は桁違いに多いし、
逆に訴えられたら、
自分の評価が上がるどころか下がるだけだもんね。
その通りです。
そして、相手が"芸能人"ではなく、"一般人"であっても同じことです。

正義感が強い人

三つ目は、正義感が強い人です。
ただし、正義感が強い人すべてというわけではなく、
  • 誹謗中傷
  • 批判
の違いがわからない人です。
確かに、正義感強い人って、結構色んな人に突撃してるよね。
また、誹謗中傷と批判の違いってわかりずらいもんね。
いいえ、誹謗中傷と批判の違いって実は簡単・明確です。
  • 誹謗中傷と批判が同じものと思い込んでいる
  • 保身の為にそう言ってるだけ
の可能性があります。
少し考えればわかることですが、本当は明確なんです。

そもそも批判と誹謗中傷の違いって何?

誹謗中傷と批判の違いって知っていますか?
相手を傷つけるかどうか?
簡単に言うと、否定対象が
  • 人+失敗
  • 失敗のみ
のどちらかで、誹謗中傷と批判が区別可能です。
誹謗中傷は、前者の「人+失敗」です。
さらに詳しく比較していくと、
 攻撃的要素 根拠 感情的発言 礼儀 
誹謗中傷あり 無根拠が多い あり 皆無 
批判 なし 根拠を前提 禁止 必須 
そう言われて見れば、確かに。
誹謗中傷と批判って、実際は分かり易いんだね。
批判(ヒハン)とは - コトバンク

批判する時は"人"そのものを叩かないようにしよう

誹謗中傷と批判の違いは、批判対象が
  • 人+言動や失敗
  • 言動や失敗のみ
といっても、さっぱりですよね。
"えいり"はすぐわかったよ。
"人"そのものを批判することが、誹謗中傷なんだよね。
そうです。
何か失敗すると、世間から、失敗したことのみならず、人格も批判されます。
例えば、
  • 「日頃の行いが云々。」
  • 「性格が云々。」
  • 「権力が云々。」
など、どうでも良いことを世間は、無根拠に批判しているのが現実です。
「一体、その人の何を知っているんだよ」って思うね。
他に指摘・批判することあるのに。
なので、本質を捉えましょう。
本質を捉えれば、批判するのは「人」ではなく、
  • 発言
  • 行動
ということくらいはわかるはずです。
そして、ほとんどの場合、批判すべき対象は「人」ではありません。
基本的には"人"を叩かないようにしよう。

誹謗中傷の対策

誹謗中傷を無くすにはどうしたらいいの?
人間には理性があるとはいえ、その程度は人それぞれです。
つまり、誹謗中傷の根絶は不可能です。
ですが、個人でできる対策はあります。

誹謗中傷から自分を守る対策

一番は、ネットを見ないことです。
インターネットを見ないとか、今時無理だよ・・。
ですよね。
なので、筆者流を紹介します。
  1. 他人に無関心になる
  2. エゴサーチは絶対にしない
  3. 実被害が起きれば訴訟
という感じです。
他人に無関心になれば、どう思われようが、言われようがお構いなしです。
親切な人が教えてくれたらどうするの?
確かに、完全に他人に無関心になっていても、情報が耳に入ってくることはあります。
その場合は、その報告してくれる人を、"危険人物"扱いにしましょう。
まともに中高学校を卒業しているのであれば、
その偽善行為で、不必要に傷つけてしまうことは知っているはずです。
確かに、えいり、友達に陰口情報教えただけなのに、
先生に注意されたことあった。
そういうことだったんだね。
また、エゴサーチも、「メンタル強い人」及び、俗にいう「Mタイプの人」を除き、非推奨です。

誹謗中傷をしないための対策

わかっています。
つい、してしまう人もいるんですよね。
誰しも人間ですから、大なり小なり感情があります。
感情的になることが滅多にない人もいれば、逆も然りです。
あるじ様は理屈の塊で、数年に一度はキレることあるかな?程度だから、前者だね。
では、どうすればいいのでしょうか?
心の器を大きくする?
いいえ、間違ってはいませんが、簡単ではないのでオススメできません。
  1. 他人に無関心となる
  2. この世の全ての人を家族と思う
  3. 自分が間違っているかもしれないと思う
などの事を意識づけましょう。
そうすれば、感情が理性に勝ることは減ります。
確かに、あるじ様は
「間違っているかもしれませんが」
と、必ず前置きを入れてるもんね。
「自分が間違っているかも?」
と意識していないと言えないセリフだよね。

まとめ

最後に、おさらいですが、
  • 誹謗中傷
  • 批判
は"明確に"違います。
そして、誹謗中傷は利益が自分に「見かけ上」あったとしても、
実際にはゼロ、あるいはマイナスです。
相手も自分も損するだけだよ。
そんな無駄なことは辞めよう。
なので、「批判」をしても、
「誹謗中傷」はしないようにしましょう。
決して簡単なことではありませんが、
特段、難しいということでもありません。
要するに心掛けの問題だね。
そうです。
また、言論統制というわけでもありません。
むしろ、あるじ様は意見をバンバン言う方だよね。
そう、筆者は「自分の意見」
  • 持つべき
  • 言うべき
  • 主張すべき
派です。
ですが、人格を否定するようなことはしません。
そんなあるじ様から、最後に一言よろしくお願いいたします。
批判をする際は、
  • 礼儀
  • おもいやり
  • 根拠
を持って、必要最小限に抑えましょう。
無根拠かつ、必要以上の批判は、"誹謗中傷"です。
  • 時間の無駄
  • エネルギーの無駄
です。
一度きりしかない貴重な人生、みんなで楽しく生きましょう!

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ