【講義板書】大学生の最強なノートの取り方

2020/06/10

大学生活

t f P L

大学の講義板書のノートの取り方

大学生のノートの取り方
大学の講義は、高校の授業よりややハイペース&膨大です。
だからといって、雑にノートを取ると
  • 後で復習する時
  • 友達に見せる時
に困ります。
そこで、本記事では、筆者が見つけた「良いノートの取り方」を紹介していきます。

大学生のノートの取り方

皆さん、ノートをどのように取っていますか?
  • 板書をそのまま書き写し
  • 1行1行みっしり書いていく(体裁無視)
など、様々あると思います。
筆者は、板書をそのまま書き写すタイプでした。
  • 色別け
  • 体裁も崩さず
まぁ、慣れているので腕は疲れませんが、寝不足の日は書き洩らしが激しかったですね。
ですが、あることに気が付き、そこからノートの取り方を変えました。

最強なノートの取り方

筆者が見つけたノートの取り方は、単純です。
  • 使うのは黒色と赤色だけ
  • 計算式は最初と最後だけ
体裁は図の様な感じです。
大学生の最強のノートの取り方

ノートの色別けは無駄

板書をノートに取っている時に、時々、赤色や黄色などの色別けがありますよね。
確かに色分けをすると
  • 見分けが付きやすい
  • 復習の時に見逃しにくい
というメリットがあります。
でも、結構疲れるんですよね。
なので、ペンを持ち替えるのを辞めましょう。
重要なところは
  • 囲む
  • アンダーライン(下線や下二重線など)
で対応すればいいだけです。
特に重要なところだけ赤ペンで対処しましょう。

参考書と被る内容は省く

たぶん、一番疲れる板書は、
  • 長い
  • 難しい
「計算式」ですよね。
ほとんどの人が、真面目に全部書くと思います。
でも、本当に計算過程までの全てを書く必要があるのでしょうか?
書き取ることに必死になっていると、
  1. 解説をきちんと聞けない
  2. その場での理解ができていない
ということになりかねません。
どうせ、課題や試験前の総復習の時に、参考書と
  • 照らし合わせたり
  • 深掘り
するので、計算過程までを取る必要はないのです。
計算式の最初と最後、公式を書けばあとはスルーでOKです。
但し、参考書に「計算過程」が載っていない場合は全部書き取りましょう。

ノートをケチるべからず

工学部って、1つの講義で期末試験までにノート2冊とか普通です。
そうなると、ノートをケチろうとします。
筆者も、当初は
  • ノートの1ページを上下で区切る
  • 小さな字
で、ぎゅうぎゅうに詰め込むようなノートでした。
結論から言うと、この取り方はストレスにしかなりません。
その理由は
  1. 板書訂正時に書き直す余裕が無い
  2. 読みにくくなる
  3. 復習時に書き足せない
などがあるからです。
また、小さく書くと時間がかかるので、追いつけなくなるリスクもあります。
なので、ノートはケチらず大胆に書くべし。

iPadの電子ノートを利用しよう

紙のノートって消耗品ですし、ボールペンで書いたところに訂正が入ると萎えます。
そして、ノートはかさばって邪魔になります。
また、
  • 消失リスク
  • ボロボロになるリスク
もあります。
そこで、iPadです。
iPadの電子ノートを利用すれば
  • 使い切る
  • 訂正で汚くなる
  • 無くすリスク(※)
  • ボロボロになるリスク
が無くなります。
精神的にも楽になるのでおすすめですよ!
(※バックアップをすることを前提)

おすすめの電子ノートアプリ「OneNote」

【大学生のノートの取り方】iPadとOneNoteを利用しよう
iPadのおすすめな「電子ノート」アプリは「OneNote」です。
OneNoteはMicroSoftの無料アプリです。
主な特徴は
  • OneDriveに同期させることで自動バックアップ
  • Windowsパソコンと同期させることも可能
  • 「タッチペン」でも「キーボード」でも書ける
ことなどです。
AppStoreでiPadにダウンロードして使いましょう。

まとめ

大学では講義のスピードは速く、書く板書量も多いです。
びっしり書いたり、丁寧に書いたりすると
  • 疲労とストレス
  • 逆に汚くなる
原因にもなります。
なので、(参考書と被るところは)必要最小限ざっと書く程度にしましょう。
あとは、ノートの体裁として「見開き1ページ」を
  • 黒板全体とする
  • 大胆に使う
のどちらかをおすすめします。
ノートの消費量は激しいですが、ストレスは減ります。
ノートの消費を気にする方は、iPadでノートの電子化をしましょう。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ