【大学生】卒業までにCADを勉強するべき理由

2020/07/11

大学生活

t f P L

大学卒業までにCADを勉強しよう

大学生の皆さん、もしくは、これから大学生となる皆さんへ、
大学生活4年間は長いです。
長いですが、なんとなく過ごしていると、あっという間に卒業がやってきます。
なので、その長い時間を有効活用して、将来、社会人となった時に役立つ
  • 技術力
  • 知識
を習得していきましょう。
その中でも、本記事では「CAD」について、
  • 現在進行形で勉強している
  • 現役大学4年生
の筆者がお話していきます。

CADは社会に出れば役に立つ

皆さん、「CAD」を一度くらいは聞いたことがあると思います。
CADは、主な用途は「設計」で、
  • 2次元(2D)
  • 3次元(3D)
の設計図を、描くことができます。
また、近年、話題の「3Dプリンター」で作るための材料となる「元データ」もCADで作成します。

CADを習得していれば有利な職種

ですが、さすがに全業界・全職種で使うということはありません。
観光業などの場合は、ほぼ、CADを扱うことは無いでしょう。
しかし、それ以外の多種多用な業界・業種ではCADを扱うことがあります。
具体的には
  • 建築業
  • 開発・研究職
に就く場合は、卒業までに習得しておくと、「即戦力」になることができます。

CADの習得は超簡単

CADはパソコンのソフト(ツール)です。
パソコンのソフトやツールって、パソコンに不慣れな方にとっては
  • 複雑
  • プログラミング言語
なイメージがあると思います。
しかし、実際には真逆で、「いくつかの操作」を覚えるだけで簡単にできちゃいます。
  • パソコン経験
  • プログラミング言語などの知識
は一切不要です。

2D CADと3D CADの両方習得しておこう

CADには2D・・・つまり「平面」を描く「2D CAD」と、立体(3D)を描く「3D CAD」があります。
3Dプリンターの登場によって、3Dでの設計図面を描く需要が増えています。
なので、「2D」だけでなく、「3D」の方も勉強して習得しておきましょう。

ちなみに・・・建築業では

筆者は施工管理(建築業)のインターンシップに参加した経験があります。
その際に見たCAD図面は「2D CAD」で、
  1. 1階の2D CAD図面
  2. 2階の2D CAD図面
  3. 3階の2D CAD図面
のそれぞれの図面を重ねて、一つの建築物の図面にしていました。
このことから、建築業では「2D CAD」を主に使います。
建築業を目指す方は「3D CAD」は無理に身に着ける必要はありません。

AUTO CADアカデミー版は「在学中」に限り無償で利用できる

操作は簡単とは言っても、そういうソフトは有料でお高いですよね。
実際に、
  • AUTO CAD (3D)の通常ライセンス:約20万円/年
  • AUTO CAD LT (2D)の通常ライセンス:約5万円/年
とかなり高額です。
もちろん、「jwcad (2D)」のように無料で利用できるものもあります。
しかし、企業などで扱われているのは「AUTO CAD」の方が多いです。
「AUTO CAD」と「jwcad」では
  • 操作方法
  • できること
に差があるので、「AUTO CAD」を利用することが好ましいです。
とはいえ、高額です。
ですが、安心してください!
学生や先生に限り、無償で利用することが可能な「アカデミー版ライセンス」が存在しています。

オートデスク | 3D 設計、エンジニアリング、エンターテインメント向けソフトウェア

オートデスクは人々がより良い世界を構想、設計し、造ることを支援するソフトウェアを開発しています。

まとめ

大学生活は4年間と長いです。
しかし、なんとなく過ごしていると、卒業があっという間にやってきます。
せめて、社会に出た時に、即戦力となれるように自分磨きをしましょう。
その中でも、筆者の経験的に
  • 知識
  • 慣れ
をあまり必要としないため、手を付けやすいのは「CAD」です。
CADは、
  • 2次元(2D)
  • 3次元(3D)
の設計図面の他に、簡単な3Dモデルの製作もできます。
なので、ありとあらゆる業界・業種で役立てることができます。
特に、「設計・開発職」に就く場合は絶対に、大学在学中に習得しておきましょう。

QooQ