もう情弱とは言わせない!情報の調べ方とそのコツ

2020/07/29

雑記

t f P L

脱情報弱者!賢い調べ方

皆さんは普段、どういう風に情報を調べていますか?

最近はTwitterとか、SNSで調べることが多いね。

筆者も最近Twitterで調べることも多いです。
ですが、利便性や情報量などから総合的に考慮すると、圧倒的にGoogle検索が一番です。

ほんとに?最近は、SNSでの検索が多いのになぜ?

実際、えいりもGoogle検索での調べ方はよくわかんない。

TwitterなどのSNSで情報を調べる人が、特に若年層で多い理由としては、コツを知らないからです。
そんな人でも全然大丈夫です。 これから本記事で「Google検索で情報を調べるコツ」を紹介していきます。
是非、参考にしてみてください。

膨大な情報量の中からどれを選べばいいの?

【結果に表示される情報の厳選方法】検索結果には膨大な情報が表示されます。一見、どれも「知りたい情報」に関連しているように見えるため、「どれを選べばいいのかわからない」という事態になる人もいます。ですが、落ち着いてみれば、どれも違う情報だったりします。なので、まずはタイトルを見て行きましょう。
Googleで検索したら、膨大な量の情報が出てくるけど、どれを選べばいいの?

確かに、Googleで何か情報を調べようとすると、膨大な量の情報が検索結果として表示されます。
そして、どれもこれも「同じ情報」に見えます。
しかし、実際には「同じ情報」ではありません。そして、求めている答えは一握りだけだったりします。

え、検索した結果なのに、どういうこと?

それって、検索ツールとしてどうなの。

その気持ちはわからなくはないです。ですが、Twitterでの情報検索も、情報量の規模こそ小さいものの、意識していないだけで同じようなものです。
なので、それは一旦さて置き、まずは「タイトル」を落ち着いて見て行きましょう。

タイトルと内容はほとんど関連している

【タイトルと内容は一致している】昔は、タイトルと内容が異なる「タイトル詐欺」が横行していたのは事実です。しかし、現在では検索エンジンの進化により、タイトルと内容が乖離している「タイトル詐欺系」のコンテンツは基本的には検索結果に出てこなくなっています。なので、タイトルを見て情報を厳選しても全く問題ありません。

最近のGoogle検索は、かなり進化しており、筆者がネットを始めた2013年頃と比べれば、ググっても「タイトルと記事の内容が一致しない」、いわゆる「タイトル詐欺」は大幅に減少しています。

タイトルをしっかり読めば欲しい情報かどうか判断できるってことね。

まだまだ、それだけでは欲しい情報にたどり着くことは難しいです。

タイトル以外で情報を絞り込む方法

タイトル詐欺はほとんど見かけなくはなりました。そのため、欲しい情報の"方向性"まではタイトルだけでも絞り込めます。

もっと絞り込むにはどうすればいいの?

「ディスクリプション」を読みましょう。
ディスクリプションとは、Googleなどで情報を検索した際にタイトルの下に表示されている"文章"の事です。
ディスクリプションは、サイトに書かれている内容の要約だと思っていても大体は問題ありません。

結構重要なのね(笑)、えいり、いつも無視してた(笑)。

で、ディスクリプションを読めば絞り込めるのね。

いいえ、ディスクリプションを読んだからといって、本当に欲しい情報だと断定するのは早計です。

メタディスクリプションは原則参考程度にすべし

サイト運営者によっては「メタディスクリプション」が未設定な場合もあります。
そのため、ディスクリプションが表示されない場合もあります。 その場合は、本文の最初の数行が表示されるので、「メタディスクリプションが記事本文の要約である」とは断定するのは早計です。
あくまで参考程度に捉えましょう。
あくまで、欲しい情報に関連するか、関連していないかを判断するだけだね!

って、じゃあどうやって判断すればいいのよ!!

そんな都合よく欲しい情報は手に入りません。
筆者を含め、インターネット歴が長い人ほど、沢山のサイトを次から次へとハシゴして、近い情報をかき集め、その苦労の末に欲しい情報を手にしているのです。

昔から欲しい情報を調べる事は大変だったんだね。

よく折れないね。

ネット上には様々な情報があります。そして間違っていることも多いです。
そのため、「色々なサイトをハシゴして自分で考える事」、これが欲しい情報への一番の近道だからです。
しかし、場合によっては「時間が無く、すぐに答えが欲しい」場合もあると思います。そんな時は完全一致検索を利用します。

完全一致検索?

完全一致検索で欲しい情報を入手しよう

どうしても、欲しい情報がすぐに欲しい場合は「完全一致」も有効な手段です。
完全一致検索では、キーワードに一致する結果が上位表示されます。

最初から教えてよ(笑)。

とはいえ、完全一致検索は「キーワード」に一致するだけで、意図しない検索結果だったりもします。
それでも、普通に検索するより欲しい情報が出てきやすいのは確かですが。
詳しくは下記の記事を参照してください。

"完全一致検索"でGoogle検索結果が大きく変わる!?

近年、Google検索を利用して調べても、欲しい情報が出てこない事も少なくありません。 しかし、その問題は簡単に解決できます。その方法は「完全一致検索」です。

とはいえ、少数の記事を読んだだけで信じてしまうだけでは情報弱者から脱することはできません。
色々なサイトをハシゴして吟味していくことをオススメします。

期間指定検索で新しい情報を調べよう

Googleで検索すると、数年前、酷い時は10年前の記事が表示されたりします。 しかし、今と昔とでは大きく違う事も世の中では多く存在します。なので、できれば最新の情報が欲しいですよね。

どうやって新しい情報だけに絞るの?
Google検索における期間指定検索の方法

検索条件で「期間」を設定します。
1時間以内から1年以内と、細かく期間を指定することができます。
とはいえ、情報は新しければいいというわけでもありません。
場合に応じて使い分けましょう。

まとめ

Google検索で欲しい情報を得るには、まず、タイトルを見ます。次に、ディスクリプションを参考程度に見ながら様々なサイトをハシゴします。 それでも出てこない場合は完全一致検索や、期間指定検索もします。
出てきた情報をすべて吟味して、自分で整理していきます。そうして導き出した答えが求めていた「答え」です。

コツは確かにわかったのだけど・・・大変だよ。

信頼できる人に訊いた方が早いよ?

信頼できるといっても、所詮、人間です。全知全能ではありません。
焦って答えを求めると、逆に求める答えは遠ざかります。
焦って情報を求めている間は情報弱者を抜け出すことはできません。なので、焦らずにしっかり吟味しながら調べていきましょう。



このブログを検索

Twitterアカウント

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

Archive

ラベル

QooQ