SNSは効率が悪くて時間の無駄な理由-穿ちLife!
SNSは効率が悪くて時間の無駄な理由

2020/07/24

SNS

t f P L

SNSは時間の無駄!?

皆さん、TwitterやFaceBookなどのSNSを利用していますでしょうか?
めちゃ使ってます!超便利ですよねー!
じつは、本格的な情報検索ツールとしての利用、コミュニケーションの場としての利用は「時間の無駄」であることはご存知でしょうか?
時間の無駄!?。確かに、あっという間に時間過ぎちゃう。
でも、"情報"を検索するという点では無駄ではないと思う・・。
いえいえ、無駄です。
情報検索においてもブラウザ
  • GoogleChrome
  • Safari
  • Ege
などを利用して検索した方が、実は効率が良いんです。
本記事では、その理由を説明していきます。

情報検索において最も大事なものは何か

【情報検索で最も大事なもの】情報検索で最も大事なものは「正確さ」です。この正確さを示すには「根拠」「筋道」が重要です。しかし、SNSでは文字数制限的にあるいは、SNSの文化的に難しいです。そのため、「伝えたいこと・言いたいこと」だけしか書かれないことが多いです。そんなSNSでは情報を信じるために「発信者の信頼性」を指標にしています。ですが、残念ながら、信頼性と正確性は一致しません。
SNS検索に限らず、情報検索全般において最も大事なものは何だと思いますか?
何を当たり前なことを聞いているの?
見やすくて簡潔なことじゃん!
確かに、
  • 見やすさ
  • 簡潔
なことは大切です。
ですが、それ以上に大事なのは「正確であること」です。
いくら、見やすくても、簡潔で読みやすかったとしても
  • 嘘情報
  • 誤情報
だったりしたらどうしますか?見分けられますか?。
確かに、見分けられないかも・・・。
そして、正確さを示すには、「根拠」の提示が欠かせません。
しかし、SNSでは
  • 文字数制限
  • 一言にまとめる文化
があります。
そのため、
  • 伝えたい事
  • 根拠
をしっかり書く人は少数で、大概は無根拠あるいは根拠不足だったりします。

SNSの情報は正確・不正確を識別できない

【SNSの情報は真偽の識別が難しい】SNSは、基本的に「言いたいこと・伝えたいこと」しか書きません。そうなると、根拠が無いわけです。根拠が無いと、正確かどうかを識別するためには、自分で「検索」するか、直接訊くしかありません。検索して確かめるなら、最初から検索した方が早いですし、直接訊くのであっても、ちゃんと応答して貰えない場合もありますし、応答して貰えるまでに時間がかかります。
根拠を省かれた情報は、ぱっと見では正確・不正確を識別することができません。
では、どうやって正確かどうかを確かめますか?
そんなの簡単だよ。
その人のフォロワー数と、タイムラインを見れば信頼できるかどうか、すぐにわかるよ。
すごく人任せですね。
そして、嘘だと発覚したら、逆切れするんですよね?。
結局は、本当かどうかを知るには
  1. 本人に確かめる
  2. ググる
しかありませんよね?。
結局、ググるんです。
それなら、SNSで検索するのは時間の無駄ですよね?。
最初からググればいいですよね?。

検索エンジンなら情報の信ぴょう性を確かめる方法はいくらでもある

でも、それならGoogleとかでググっても同じじゃない?。
個人サイトとか、信憑性に難ありじゃん。
確かに、
  • Google
  • Bing
等の検索エンジンを利用して検索しても、個人サイトは良く出てくるし、信憑性が薄いのも事実です。
本ブログも例外ではありません。
とはいえ、検索エンジンでは正確な情報を集める方法はいくらでもあり、容易です。
どうやったら真偽を見抜けるの?。
簡単なことです。
しっかりと読みこむことです。
読んでいれば、書かれていることが
  • 筆者の意見なのか
  • 根拠(理由)なのか
がわかります。
それを自分で考え、整理すれば良いことです。
また、学術論文を読むという方法もあります。
  • CiNii
  • J-STAGE
などの検索サイトから論文を探すことができます。
但し、有料のものもあります(多くは有料)。
読むの大変じゃん。
欲しい情報だけを得られないの?。
検索エンジンで出てきた
  • 個人サイト
  • 企業サイト
  • 学術論文
では、無理です。
SNSだけです。
しかし、そういう
  • 根拠を確認しない
  • 自分で考えない
で結論だけを得るのであれば、騙されても良いという覚悟が必要です。
そして、騙されたとしても、文句を言う権利はありません。
なぜなら、自分で確認も考えもせず、勝手に信じているわけですからね。
まぁ、他人から施しを受けている立場の人が文句を言うのはお門違いだもんね・・。
そうです。
欲しい情報なんて簡単に入手できるなんて思ってはいけません。
それは甘えです。
知りたければ、自分で探しましょう。

SNSには情報量が少ない

【SNSには情報量が少ない】SNSは、インターネット検索と比較すると、情報量が少なすぎます。それもそのはずです。なぜかというと、TwitterなどのSNSよりはるか昔からインターネット検索というものが存在しているからです。
また、SNSはGoogleなどの検索エンジンと比較して、まだまだ情報量が少ないです。
実際に、欲しい情報を得ようと思ってTwitterで「キーワード検索」を行っても、

「XXXX」の検索結果はありません

と返されることが多々あります。
確かにSNSでは情報量がまだまだ少ないよね。
でも、検索エンジンで調べると、情報がいっぱい出てきてどれを選べば良いか困っちゃうじゃん。
それは、検索が下手なだけです。
そして、情報がいっぱいあるように見えて、「欲しい情報が一つや二つしかない」という事も良くあります。

SNS検索のメリット~情報のリアルタイム性

【SNS検索のメリット】SNSで情報を検索することが全くメリットがないかというと、そうでもありません。例えば「電車の遅延情報」「芸能人などのトレンドニュース」などの「今」な情報はSNSではすぐに情報が出回りますが、インターネット検索では、情報が出回るのは遅いです。
とはいえ、SNSで情報を検索することが「無駄」でしかないということはありません。
SNSは、
  • 誰もが
  • 気軽に
  • いつでも
投稿(情報発信)することができるので、リアルタイム(ライブ)な情報を得るにはうってつけです。
デマも多いですけどね(笑)。
デマで大変な騒動になることって最近でもあったね・・。
トイレットペーパーの買い占めとか・・ね・・。
なので、リアルタイム(ライブ)な情報を得られるからと言って、その情報を鵜呑みにしてはいけません。
何事においても、
  • 自分で考える
  • 根拠や事実を確認する
ことは非常に重要です。

SNSをコミュニケーションの場としての利用することも無駄な理由

SNSって、
  • 名前
  • 素性
も知らない、全世界の人と関わることができます。
しかし、実際には身近な人とのコミュニケーションまたは、同じ趣味等の同類同士でのコミュニケーションを取るために使われています。
それの何が悪いっていうのよ!!。
SNSでコミュニケーションをとることは、決して"悪い"ことではありません。
ですが、正直、そのコミュニケーションに大した価値はありません。
それどころか、裏で陰口ならまだしも、晒されるリスクがあります。
「この人なら信頼できて仲良くなれそう!。」って思った人が、晒し魔だったというケースは少なくありません。(ネトゲでの経験)
それ・・人を信じられなくなるパターン・・・。
それに、今時は、深い付き合いは望まれず、浅い付き合いしかできません。
  • 相手や自身に踏み込んだ会話をする
  • 頻繁にメッセージを送る
ものなら、距離を置かれてしまいます。
ちょっとした冗談交じりなことでも、本気に捉えてしまう人もいます。
  • 学校
  • 職場
  • 近所
での人付き合いも大変ですよね。
ネット(SNS)上での付き合いはもっと大変です。
わざわざ、オフの時に人間関係で精神を摩耗したいですか?。

まとめ

では、おさらいです。
SNSでの情報検索は時間の無駄になる理由は何ですか?
正しい情報かわからないから!
結局、ググることになって時間の無駄になります!
でも、悪いことばかりではありません。SNS検索で役に立つところは何ですか?
"今"な情報を調べるときにはすごく役に立ちます!
そうですね。
調べたいことの内容によって、使い分けることが最もスマートな使い方です。
但し、デマも多いので鵜呑みにしてはいけません。
また、SNSをコミュニケーションツールとして扱うのも無駄な理由はなんですか?。
ネット(SNSも含む)上での付き合いは、現実世界以上に大変で、精神が疲弊してしまうから。
惜しいですね。
"現実世界以上"とは限りません。
ですが、ネット(SNS)上であったとしても人間関係はとても難しいことです。
特に、見知らぬ人とのコミュニケーションは、どんなに親しくなっても、相手への配慮が常に必要となります。
なので、現実世界との関りが無いオフの時くらいは、人と接しない方が身のためです。
それなら、どういう使い方が最善?。
SNSの最善な使い方は
  • 連絡手段として
  • 独り言をつぶやく場として
利用することが最も良い使い方となります。
SNSを上手く扱って、平和な日々を過ごしましょう。

QooQ