【大学生活】iPadがあると超絶便利というお話

2020/08/09

大学生活

t f P L

大学生活にiPadが必要な理由

最近、筆者はとある事を後悔しています。
筆者は大学に入学してから3年間、ずっと
  • 無遅刻
  • 無欠席
を続け、講義の板書も、しっかりと、全部ノートに取っています。
これまで取ってきたノートの山を見ると、達成感を感じます。
真面目だね~。
ですが、4年生になって、研究室配属となった時に衝撃的な事実を知りました。
衝撃的な事実・・・どうしたの?
同じ研究室の人が、タブレット・・・いやiPadをノートとして扱っていたのです。
しかも、聞くところ、3年間ずっとだそう。
それを聞いた筆者は、驚き、そして後悔しました。
確かに。そもそも使っていいなんて初耳だよね。
でも、そんなに後悔するほどのこと?
それについては、これから説明していきます。

iPadを大学の講義でノートして使うと便利な理由

まず、普通の紙のノートとiPadをノートとして扱う場合、どう違うと思いますか?
え~と、
  • ノートが切れる心配が無い
  • ノートの起き場所に困らない
こと?
確かに、それらもメリットですが、
他にも、大学の講義で
  • 板書の訂正が楽
  • 書く労力の低減
があります。
iPadなら、赤ペンで書いたところの修正で、泣寝入りしなくて良いんです。
長文を書くのも、キーボードで楽々です。
赤ペンで書いたところの修正は・・・辛いよね。
でも、今は、フリクションで簡単に修正できるじゃん?
あまり大したこと無い気もするけど。
確かに、フリクションで修正することはできます。
ただ、
  • 消す箇所が大きければ大変
  • 消すと汚くなることもある
なので、萎えます。
確かに・・。
大学の講義は早いもんね。
でも、持ち込み可の試験では、さすがにiPadは持ち込めないよ?

iPadを大学の講義でノートとして扱うデメリット

確かに、大学では、
  • ノート
  • レジュメ
が持ち込み可の試験があります。
ですが、さすがにiPadを"ノート"として扱っていたとしても、
不正防止のため、iPadを持ち込むことはできません。
そのため、試験前に
  • 紙のノート
  • ルーズリーフ
に書き直さなければなりません。
確かにデメリットかもしれません。
ですが、逆に言えば、良い復習になるわけです。
デメリットがメリットに・・!
もちろん、他にもデメリットが無いわけではありません。

iPadをノートとして扱うとリスクを負う

iPadをノートとして扱うと、
  • データ消失
  • iPadそのものの故障・破損
といったリスクがあります。
あ~、せっかく書いたノートが、
消えちゃうことがあるってことね。
そうです。電子媒体の宿命のようなものです。
ですが、次のことにさえ気をつけていれば、リスクを気にする必要はありません。

iPadを大学の講義でノートの代わりとして扱う場合に気を付けるべきこと

iPadを"ノート"として扱うことによるリスクは、
電子媒体のリスクと同一です。なので、
  • バックアップを心がける
  • カバーを付ける
  • 濡らさない
ことを心がけましょう。
ノートを作成するごとに、OneDrive(クラウド)などに保存するのもアリです。
OneDriveの他にも、
  • DropBox
  • GoogleDrive
  • iCloud
でも良いよね。

iPadはどこでも使えてパソコンやスマホより便利

他にも良いところは無いの?
あると便利そうだけど、今のところは微妙かな。
今や、ほとんどの人が所持している「スマホ」。
電話やメール以外に、どこでも
  • 情報検索
  • ゲーム
ができる便利なデバイスです。
ですが、"画面が小さい"という欠点があります。
画面が小さいと、
  • 目の疲労
  • 目に入ってくる情報量が少ない
などのデメリットもあるわけです。
「そんなことない!」と思う方はパソコンで、ネットサーフィンをやってみてください。
確かに・・・、
  • パソコンの画面
  • スマホの画面
で、小説を読もうと思ったら、パソコンの方が早く読み終わるよね。
さらに、スマホだと目が疲れやすい。
ですが、さすがにパソコンをどこでも使うのは無理があります。
パソコン主義の筆者でもノートパソコンを
  • 大学の講義室
  • 大学の食堂
  • 電車やバスの中
で立ち上げるのには抵抗があります。
iPadなら・・!!
そうです。iPadなら、
  • 小さ過ぎず
  • 大きすぎず
丁度良い大きさなので、場所を問わずに使えます。
大学のキャンパス内を頻繁に移動する"大学生"にとても向いています。

WindowsタブレットとAndroidタブレットとiPad

あるじ様は、さっきから「iPad」のことばかり言ってるけど、
他の機種
  • Windowsタブレット
  • Androidタブレット
じゃダメなの?
タブレットは、確かにApple社の「iPad」以外にも
  • Windowsタブレット
  • Androidタブレット
など、様々あります。
どれも一概に悪いとは言えず、良い製品もあるのは確かです。
実際に、筆者はWindowsタブレットを愛用していました。
理由は安いからです。
もちろん、Surfaceなどのように、MicroSoft純正の高級品もあります。
Androidタブレットもいろんな企業が製造・販売しています。
一方、iPadは、Apple社のみで、且つ高級です。
安いのがあるなら、
  • Windowsタブレット
  • Androidタブレット
でもいいんじゃ?
iPadを推す理由はあるの?
iPadは、Apple社のブランド製品です。確かに高級です。
ですが、iPadのみならず、「MacOS」はコードが公開されておらず、セキュリティ面で
  • Windows
  • Android
より安全ということは周知の通りです。
つまり、セキュリティ対策ソフトをインストールする必要性が、
他のOSのタブレットより低いということです。
確かに・・、セキュリティソフトは
  • お金がかかる
  • 重くなる
もんね。

沢山あるiPadの中でどれが良い?

iPadの魅力は十分なんだけど、
あるじ様が今、注目しているのはどれ?
筆者が注目しているのは、最新の「iPad 10.2」です。
スペックが一番良いのは「iPad Pro」ですが、
大学のキャンパス内や、電車の中で
  • ノート
  • 情報検索用
  • 読書用
として扱う場合は、そこまでハイスペックじゃなくても良いかなと思っています。
「iPad Pro」は高いもんね。
でも、長く使うことを考えたら、
スペック(性能)が高い方がいいんじゃない?
最新の「iPad 10.2」でも、スペック(性能)は十分高いです。
そして、
  • OS
  • 時代
に追いつけなくなる以前に、バッテリーの寿命が先に帰そうな気もします。
ですが、
  • ゲーム
  • 動画編集
をする場合は、「iPad Pro」の方が良いのは確かでしょう。
ただし、容量が最大128GBなので、少ない場合は、上のランクの
  • iPad Air (最大256GB)
  • iPad Pro (最大1TB)
を選んだ方が良いでしょう。
筆者は、基本的にクラウドとパソコンに保存するので、「iPad 10.2」で十分です。








QooQ