【大学生】SNSをしない人は実は多い件について

2020/09/17

SNS 大学生活

t f P L

大学生はSNSを使用するけど使用しない

高校卒業して、大学に入学する頃に大多数の人が
  • Twitter
  • Instagram
などのSNSで仲間を囲おうとします。
筆者も、当時はSNSで同じ大学、同じ学部、同じ学科の人をTwitterで探していました。
みんなやることは同じだねー。
ですが、その後も継続してSNSを利用しているかといえば、答えは「NO」です。
ただし、
  • 連絡手段
  • 情報入手
のために「SNS」を使うことは多いです。
そこで、本記事では、なぜ大学生が「SNS」を利用しないかについて説明していこうと思います。

SNSで相手のプライベートの時間を取ることに罪悪感を覚える

大学生は、というか社会人でもそうだと思いますが、相手のプライベートに踏み込むことを罪悪として捉えていることが最大の理由です。
あ~・・・。通知が届くと迷惑になるかもだからね。
そうです。
今の時代は「配慮」が無いと輪の中に入っていけません。
  • 大学に居る間
  • 必要な連絡
ならまだしも、
「会話したいから」
という理由で連絡すると、自分の都合で相手の時間を削る
  • 配慮ができない
  • 自分勝手
な人という扱いになります。
通知が嫌なら通知消せばいいと思うけど・・・、
必要な時に応答できなくなっちゃうからね・・。
そういうこともあり、同じSNSでも「LINE」の場合は特に、必要がなければ使いません。
一方で
  • Twitter
  • Instagram
の場合は少し事情が異なります。

SNSはテレビや新聞などのニュースメディアより情報源として利用される傾向にある

最近、テレビや新聞、ラジオなどのメディアのニュースやワイドショーは
  • 偏向報道
  • 切り取り報道
で世論操作をしていることは、筆者を含む大学生の間ではバレています。
そして、それはもはや"常識"です。
では、そんな大学生はどうやって情報を仕入れているのでしょうか?
わかった!
答えはSNSだね!
その通りです。
TwitterなどのSNSで
  • リアルタイム
  • 膨大な量
の"発信"を流し読みして情報を仕入れています。
でも、その情報って信頼できるの?
発信者の大半は"一般人"だよね?
信頼はできないと筆者も思っています。
なので、大学生は
  • フォロワー数
  • 同じような発信情報の数
で、信頼できるかどうかを判断しています。
信じられない。そんな基準で信頼してるなんて・・・。
あーでも、インフルエンサーとかに簡単に騙されちゃってる現実がある・・・。

SNSを情報発信ツールとして使わない

近年、大学生に限らず「自分の意見を言う」ことができない人、いえ、「意見を言う=面倒くさい人」という印象が根強く浸透しています。
あーそれはあるー。
「意見を言う=クレーマー」みたいな印象を感じるね。
本当は「意見を言う=クレーマー」ではなく、むしろ歓迎されるべきことなのですが、意見を言う人は
  • 潰される
  • 距離を置かれる
ことになるので、それに怯えて意見を控えるような傾向があります(筆者の知る範囲では)。
それって、SNSを使う意味ないじゃん。
何でSNS使うの?
意見を言うためにはSNSを使う人は、少数派です。
大半の大学生は、さっき言ったように「情報検索」が主な目的でしょう。
ですが、その他にも「同じ趣味の仲間」で集まる"サークル"目的で使用されていることも多いです。
あー!!
あるじ様が
  • ゲーム用
  • ブログ用
って使い分けてるのもそれだよね!
そうです。
ただ、筆者のブログ用Twitterアカウントは、少々複雑な目的で運営していますけどね。

大学生はSNSを使わないけど使う~まとめ~

結論から言うと、大学生はSNSを使っているかどうかと問われれば、使ってます。
ただし、
  • 情報検索
  • サークル活動
が主な使用目的となっています。
また、連絡手段として長らく使われている「LINE」も、大学生の間では、まだまだ利用されています。
しかし、大学生に限らず若者層の間では「相手のプライベートに踏み込むことは悪」という印象が根強いため、"必要最低限"にしか使いません。
まぁ、SNSは時間の無駄なのも事実だし良いことじゃない?
でも、大学生なんだから
  • 少しくらい馬鹿したり
  • 意見を言ったり
しても良いと思うけどね。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ