大学生なら自分の意見を持ち主張すべきというお話

2020/09/08

大学生活

t f P L

大学生なら自分の意見を持って主張していくべきである

世の中には、様々な問題があります。
  • 少子・高齢社会
  • 経済
  • 世界情勢
などの大きな問題から、
  • 鉄道の減便・廃線
  • 子育て
  • 年金
など、とても身近な問題まで数多くあります。
確かに、ニュースとかでよく聞くよね。
しかし、筆者が"知っている"範囲では、これらの問題について「議論」さえもせず、
  • 政府
  • 国会議員
  • 官僚
という、「私たちよりもずっと頭のいい人達」が考えるべきことだという大学生は多いです。
だって、未だ
  • 困ってない
  • 実感がない
し、"えいり"達が考えたって何も変わらないじゃん(笑)。
それよりも、
  • 楽しいこと
  • 明日のこと
を考えた方がよっぽどいいよ(笑)。
いいえ、考えるべきことなのです。
そして、「考えても仕方がない」これは間違いです。
そこで、本記事では
  • 大学生が世の中の問題を考えるべき理由
  • 主張することで世の中が変わるかもしれないと筆者が思う理由
についてお話していこうと思います。

大学生はもっと世の中の問題について目を向けて考えるべきである理由

大学生は、
  • 勉強
  • アルバイト
  • 遊び
など、色々することがありますが、
社会人と比べれば圧倒的に自由な時間が多いです。
そりゃーね~...。
しかし、大学を卒業して社会人になれば議論する
  • 仲間
が減ってしまいます。
大人になったら、
  • 仕事のこと
  • ご近所付き合い
  • 家族のこと
で手一杯になって考える余裕なくなるもんね。
それ以前に、世間体というものをより重視しなくてはならなくなります。
もし、一般的な世論と自分の考えが食い違った場合、
  • その仕事を失うリスク
  • 社会的に杭を打たれるリスク
があるので、簡単には意見が言えなくなってしまいます。
何も気にせず、自分の意見を言えるのは、社会に出る直前の「大学生」しかありません。
集団って怖いからね・・・。
でも、その理論なら高校生でもいいのでは?
もちろん、高校生でも良いですが、
  • 社会知識
  • 専門的な知識
などを持っている"大学生"の方が、より高度な議論ができるというものです。

国会議員は私たち国民の代弁者であることを忘れてはいけない

国会議員は、
「全国民を代表する選挙された議員」(日本国憲法第43条)
つまり、私たちの代弁者です。
言いたいことわかるけど、所詮、一票だよ?
"えいり"達が議論して、良い結論を出したとしても、所詮、数票~数十票にしかならないんだよ?
確かに、私たちが、ここで
  • 議論したり
  • 一緒に考えたり
しても、恐らく政府おろか世論にさえも影響を与えることはないでしょう。
無駄じゃん(笑)。
確かに、すぐには結果は出ませんし、最初は無駄かもしれません。
しかし、世の中の大学生が少しでも
  • 内政
  • 外交
などの問題について議論をする人が増えていけば、最終的に無駄ではなくなります。
恐らく、
  • SNS
  • YouTube
などで活発に議論することを勧めていっても、数年以上はかかるでしょう。
でも、心を動かされる人は必ず存在します。
その根拠は?
筆者自身が根拠です。
今は、「議論」が大好きですが、数年前までは議論なんて難しくて嫌いでした。
しかし、小説「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」に出会って、心から魅了されてしまいました。
物事を変えていくには
  • 他人任せばかり
  • ただ共感を求めて要求する
だけじゃダメなんだと。
しっかり根拠を元に考えて、議論して、主張していくことが大事なんだと気づかされたんです。
なるほどね・・・。
まぁ、
  • 小説の世界
  • 現実
を一緒に考えるのはどうかとも思うけど、
言ってることは大いに正しいと思うよ。

主張することで政府に意見が届くかもしれないというお話

近年、スマホが普及したことにより、インターネットがより便利な時代になりました。
つまり、誰でも国会議員を通さずに直接
  • 総理大臣
  • 官僚
に意見を言える時代というわけです。
SNSのこと?
だったら、ほとんど読んでくれないよ?
Twitterのトレンドなら、まだわかるけど・・・、
トレンドに載るほどの規模に広げるのは簡単じゃないよ・・。
確かに、SNSという手段もあります。
しかし、それ以外にも意見を述べることはできます。
  • 各都道府県
  • 各市町村
  • 各政党
  • 各民間企業
の公式HP(ホームページ)には、意見を寄せることができるようになっていることが多いです。
へ~~!!知らなかった!!
ほとんどの場合、
  • 実名
  • 個人情報
の提示を求められますが、その代わり、しっかりと読んでもらえます。
「読んでもらえます」って、体験済みなんだ・・!!
筆者の場合は、とある民間企業(インフラ系)に対しての"代替案及び意見の提示"ですけどね。
しっかりとしたお返事を頂きました。
よかったね・・!

まとめ~大学生は自分の意見を持って主張すべきである~

忙しい社会人や、あまり知識の無い子供ならともかく、
  • 知識
  • 時間
の両方がある大学生は、目を逸らさずに、しっかりと問題に向き合い、
  • 議論
  • 主張
をすべきです。
「誰かが解決してくれるだろう」とは思わず、「自分が解決する」という意思を持ちましょう。
「問題解決能力」って、もしかしたら、
あるじ様が言う
  • 議論
  • 主張
も含まれているかもだね。

サイト内検索

自己紹介

自分の写真
普段思ったことを発信していこうと思い、このブログを開設した初心者ブロガラーです。

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

ラベル

QooQ