現役生が教える~大学を安易に中退してはならない理由~

2020/10/08

大学生活

t f P L

大学を中退するということ

毎年、大学を中退する人が必ず出てきます。
筆者の友人も、入学から進級を重ねるに連れて、一人、二人、・・・、と大学を中退していきました。
え!?どうして?
第一志望の大学でなかったとしても、自分で「行きたい」と思って選んだのでしょ?
確かに、"滑り止め"で受けた大学であったとしても、数多ある大学の中から「行きたい」と思える大学を厳選して決めるのは常識です。
しかし、
  • 経済的理由
  • 成績不振
  • ミスマッチ
等、様々な理由から、せっかく受験で勝ち抜いた志望校であっても、「中退」を選んでしまうのです。
しかし、どれだけの重い理由であっても、筆者は大学を「中退」するべきでないと思います。
本記事では、その理由について紹介していこうと思います。

大学を中退するデメリット

大学の中退には、
  • 私立大学の場合は特に、高い授業料が無駄になる
  • 最終学歴が"高卒"
  • 就職で"新卒"枠が使えない
のデメリットがあります。
「たったこれだけ?」と思うかもだけど・・・。
"ワーキングプア"になる危険性が非常に大きいんだよね・・・。

大学を中退すると授業料が無駄になる

国公立大学の場合は、学費は大したことはないかもしれませんが、
  • 一人暮らしの国公立大学生
  • 私立大学生
の場合は、年間で100万円を越える場合が多いです。
学費が安い国公立大学でも、一人暮らしはお金がかかるよね~。
私立大学生は言うまでもないね・・。
それだけの莫大な学費を"どぶに捨てる"わけです。

大学を中退した場合は"高卒"になる

大学を中退すると、最終学歴が"高卒"になります。
別に、"高卒"が悪いわけではありませんが、大学に入学するまで
  • 進学校への受験
  • 大学への受験
  • TOEIC等の資格獲得
などの努力を無駄にするわけです。
無駄にするのは大学受験の苦労だけじゃないよね。
大学を中退して、就職するという選択を取るのであれば、比較的就職に強い
  • 商業高校
  • 工業高校
に進学した方が良かったのではありませんか?
高校受験から大学進学までに莫大なお金が掛かっているんですよ。
大学を中退した人の親御さんはどういう気持ちなんだろうね・・。
想像が付かないわ。

日本社会は新卒至上主義者

また、日本社会では"新卒"が優遇される傾向にあります。
大学を中退すると、"(高校)既卒"になります。
既卒といっても、"高校"の既卒です。
同じ既卒でも"大卒"じゃなくて「高卒」は・・。
そうです。
高校の支援や、高校にくる求人を利用することはできませんし、
大学卒業を条件とする企業が多いため、高卒の既卒では選べる範囲が非常に狭くなります。
その上、企業は
  • 技術・能力がある人材
  • 若くて成長性がある人
を欲しがります。
企業側の気持ちになって考えて見てください。
「空白期間が長く社会人経験が無い人」を採用したいと思いますか?。

大学で"中退"を選ぶくらいなら休学しよう

大学を中退することに、メリットはほとんどありません。
強いて言えば、
  • 辛い大学生活から逃れることができる
  • これ以上学費にお金を掛けなくて済む(損切り)
くらいでしょうか?。
大学を中退することで直面する"デメリット"を考えれば、大したことの無いレベルのメリットだよね。
それなら、休学を選びましょう。

休学中は学費が掛からない

大学では"休学"することができます。
そもそも、休学制度は
  • 留学のため
  • 経済的理由
で学生を救済するための制度です。
学費が払えないなら、一度休学して、アルバイトで働いて学費を貯めるのもアリです。
たまに、学費のために休学する人いるよね!。

卒業までの間で留年しても新卒カードが使える

例え1~2年休学したとしても、きちんと卒業してその年度内に就職すれば"新卒カード"は消えません。
留年であっても同様です。
ただし、面接で訊かれた場合は答える必要がありますけどね(笑)。
新卒って「新規卒業」っていう意味だもんね~。
休学しても、留年しても"新卒"は"新卒"(笑)。

まとめ~大学で中退を選ぶくらいなら休学せよ~

いざ大学に入学してみると、
  • 大学生活
  • 学習内容
が想像していたものと違うことはよくあります。
思った以上にお金が掛かって、学費の支払いが難しくなることもあります。
"中退"を選ぶくらいなので、
  • 精神的
  • 体力的
に大学生活がつらいと思います。
「大学を辞めるしかない」と思っちゃうよね。
ですが、長い人生の極々一部でしかありません。
大学を中退して、人生を棒にふるうより、一度休学して、落ち着いて、復学しましょう。

QooQ