【大学生】ボランティアっぽくないボランティアにも参加しよう

2020/11/18

大学生活

t f P L

大学生が参加すべきボランティアは色々ある

大学生の皆さん、「ボランティア」と言われて、どういう事をイメージしますか?。
草刈りとか、ゴミ拾いとか・・・?
草刈りやゴミ拾いなどの清掃活動も立派なボランティアですね。
他にも、
  • 災害ボランティア
  • 見守りパトロール隊
  • ホームレスへの炊き出し
など様々なものがあります。
色々あるのは知ってるけど・・・参加する機会ってあんまりないよね・・。
就職のためにも一度は参加してみたいんだけど・・どうしたらいい?。
既にあるボランティアに参加しようと思っても、中々参加する機会そのものが無かったりしますよね。
そこで、本記事ではボランティアに
  • 中々機会がなくて参加できない
  • 色々参加したい
大学生に、ボランティア活動について提案をしようと思います。

ボランティア活動を企画しよう

ボランティアって、何も既にあるものだけではありません。
新しく企画して作ってもいいんです。
ボランティアって作れるの?
ボランティアは作れます。
そもそも、既存のボランティアも、始めから存在していたわけではありません。
ボランティアには一般に、
  • 自主性・主体性
  • 社会性・連帯性
  • 無償性・無給性
  • 想像性・開拓性・先駆性
の四原則があります。
この四原則に則っていれば、立派なボランティア活動です。
なるほど・・・、でも具体的にどういうことをすればいいの?。
確かに、具体例が一つもない状況だと、ぱっと思いつくものではないと思います。

大学の名前(看板)を積極利用して企業・自治体に企画を提案をしよう

今、世の中で様々な問題がありますよね。
  • 公共交通機関の衰退
  • 地球温暖化
  • 少子高齢社会
  • etc...
これらの社会的問題・課題に対して、解決策を考えて企画し、企業や自治体に提案します。
この時、大学生という立場を活用しない手はないです。
大学の名前(看板)を積極的に全面に押し出して行きましょう。
そんな大きなこと、大学生でもしていいの?。
むしろ、大学生だからこそできることなのです。
社会人になれば、
  • 考える余裕
  • 行動に移す余裕
  • 提案の機会
が無くなってしまいます。
一社会人が、
  • 企業に対して
  • 自治体に対して
企画を提案するのと、大学生が企画を提案するのとでは、どちらの方が取り合って貰え安いか言うまでもないですよね。

誰もしないことに価値がある

でも、そんなに企画とか意見とかの提案してたら・・返って就職で不利にならない・・?。
それに、みんなやってないし・・。
企画の内容によっては、提案先の企業に就職しづらくなる可能性は否めません。
ですが、他の大学生(就活生)の
  • バイトリーダーしてました
  • サークル・部活の部長してました(嘘)
  • 海外の大学に夏休み期間の短期間だけ留学しました
等の、ありふれた自己アピールよりずっと遥かに強く印象に残りやすいのは間違いありません。
「株式会社Aに企画を提案しました」
企画が通る・通らないを置いても、強烈なインパクトです(笑)。

一人でもできるけど大学の仲間と一緒に活動しよう

社会が抱えている問題や課題に対して
  • 改善策
  • 解決策
を考えて、企業や自治体に提案して実行することは、一人でも可能です。
それだけ大学生という立場と、大学の看板が使えることは大きいのです。
ですが、一人だけでの行動は、企画の提案はさせて貰えても、承認されない可能性もあります。
一人の力って弱いもんね。
一方、一人ではなく、3~4人もしくは10人程度で行動できれば話は別です。
実際、いろんな大学の大学生と共同で企業と交渉して企画を成し遂げている人もいます。
大昔の学生運動も少なからずとも、社会に影響を与えています。
労働者のストライキとかもそうだけど、仲間の存在って大きいよね。
あと、数の力(笑)。

大学生ならではのボランティア活動をしよう

ボランティアは、
  • 環境ボランティア
  • 災害ボランティア
  • 防犯ボランティア
など沢山あります。
既存のボランティアって結構知名度高いもの多いよね。
しかし、既存のボランティアは知名度が高いため、募集締め切りが早かったりします。
また、実際に参加しようと思っても、中々、丁度いい機会が無かったりする場合もあります。
ですが、何もボランティアは既存のものばかりではありません。
  • 自主性・主体性
  • 社会性・連帯性
  • 無償性・無給性
  • 想像性・開拓性・先駆性
の四原則に則っていれば、新しく作ることもできます。
むしろ、こっちの方が大学生らしいと思えます。
大学生以外だと・・中々、新しいことを始めることすらも難しいもんね。
せっかくの大学生活です。
  • 大学生という立場
  • 大学の名前(看板)
をフルに活用して、誰もしないようなボランティア活動に挑戦していきましょう。

QooQ