iPhoneで撮影した動画をAviUtilの拡張編集で読み込めない場合の対処法

2020/12/22

動画編集

t f P L

iPhoneで撮影した動画がAviUtilの拡張編集で読み込めない問題を解決したい

YouTuberを目指している人で、AviUtilで動画編集をしようとすると
「iPhoneで撮影した動画ファイル".MOV"が拡張編集で読み込めない」
というトラブルに見舞われます。
それは・・・深刻な問題だね。
スマホで撮影してYouTubeにアップロードしようと思ってる人多いし。
実は筆者も、数日前にそのトラブルに悩まされました。
しかし、この問題の解決方法自体は至って簡単でした。
本記事では、その解決方法を紹介しようと思います。

iPhoneで撮影した動画が読み込めない時の対処法

どうしたら解決できるの?
解決方法は、「exedit.ini」ファイルの書き換えです。
厳密には、
  • .MOV=動画ファイル
  • .MOV=音声ファイル
を追加するだけです。
え!?
それだけ!?
それだけです。
ただ、筆者の場合は「L-Smash works」というプラグインをインストールしているので、「exedit.ini」に
  • .MOV=動画ファイル
  • .MOV=音声ファイル
と書き加えるだけで良かったわけです。
しかし、「L-Smash works」というプラグインをインストールされていない場合は、「exedit.ini」に書き加えるだけでは「.MOVファイルを読み込めない問題」を解決することはできません。
なので、「L-Smash works」をインストールしましょう。
でも、「L-Smash Works」って、"MP4ファイル"の読み込むために必須なプラグインだよね?
なら、ほとんどのAviUtilユーザーはインストール済みだと思うよ(笑)。
確かに、「AviUtil」のほとんどのユーザーは、プラグイン「L-Smash Works」をインストールされていると思います。
ですが、もしかすると、インストールされていない方がいるかもしれないので、一応そのインストール方法を紹介します。

「L-Smash Works」のインストール方法

「L-Smash Works」のインストール方法は以前の記事でも説明しましたが至って簡単です。

YouTuber目指して動画編集環境を用意する

最近、YouTubeブーム凄まじいですよね。芸能人や企業そしてインフルエンサー等、色々な人が参入しています。そんなビックウェーブが終わる気配は全くありません。そこで、筆者も遂に重い腰を上げ、YouTubeに参入しようと思います。

手順をざっくり言いますと
  1. RePOPnから「L-SMASH_Works_r940_plugins.zip」のダウンロード
  2. 「L-SMASH_Works_r940_plugins.zip」を解凍
  3. 「L-SMASH_Works_r940_plugins」の中から
    • 「lwcolor.auc」
    • 「lwdumper.auf」
    • 「lwinput.aui」
    • 「lwmuxer.auf」
    をコピー
  4. 「aviutl.exe」があるフォルダーの中に「Plugins」フォルダーを作製
  5. 「Plugins」フォルダーの中に
    • 「lwcolor.auc」
    • 「lwdumper.auf」
    • 「lwinput.aui」
    • 「lwmuxer.auf」
    を貼り付け
以上で、「L-Smash Works」のインストール完了です。
一見難しそうに見えるけど簡単だよー(笑)。
実際、やってることは
  • zipファイルのダウンロード
  • zipファイルの解凍
  • フォルダーの作製
  • コピー&ペースト
だけなので、単純な作業です。
慣れれば、2~3分で完了します。

まとめ

iPhoneで撮影した動画のファイル形式は「.MOV」です。
なので、デフォルトではAviUtilの拡張編集では読み込めません。
「exedit.ini」ファイルに
  • .MOV=動画ファイル
  • .MOV=音声ファイル
を追加しましょう。
ただし、これは「L-Smash Works」を既にインストールしている場合の話だよー(笑)。
「L-Smash Works」というプラグインをインストールされていない場合は、まず、「L-Smash Works」をRePOPnからダウンロードしましょう。


このブログを検索

Twitterアカウント

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

Archive

ラベル

QooQ