【VTuber】VRoidで作製した3DモデルでYouTubeに配信する

2021/01/22

VTuber

t f P L

VRoidで作製したお気に入りの3DモデルでYouTube配信しよう

最近、VTuberを目指して3Dモデルを作製しました。
将来的には、
  • VirtualCast
  • Oculus Quest(オキュラス クエスト)
を準備して、生配信とかも予定しています。
あくしろよ!
わかってます(笑)。
ですが、様々な課題があるため、いつになるかは未知数なのです。
とはいえ、せっかく3Dモデルを作って、放置するのも勿体なく感じたので、テスト配信くらいまでは近々、秘密裏に行うつもりです(笑)。
機材準備できてないのにどうやって配信するの・・?
機材が準備できていなくても、実は配信自体はできます。
本記事では、その方法について紹介していこうと思います。
VRoidで製作した3Dモデルを「3teneFREE」で読み込ませて、VTuberとしてYouTubeに配信する際にクロマキー合成を行うために、背景を緑色にしている様子

"トラッキングツール"を使ってVRoidで作製した3Dモデルを動かそう

VTuberとして配信活動をするには、3Dモデルを動かす必要があります。
3Dモデルの動かし方には、
  • MMDやBlenderを使ってボーン操作を編集して3Dモデルを動かす
  • トラッキングツールを使って動かす
の二つのパターンがあります。
筆者の理想環境の
  • VirtualCast
  • Oculus Quest(オキュラス クエスト)
は後者のトラッキングを利用した配信形式です。
でも機材の準備できてないんだよね・・?
MMDやBlenderでのボーン編集って難しいって聞くし、生配信には不向きだよ?
そんなことわかってます(笑)。
ですが、トラッキングでの配信は何も、「Oculus Quest(オキュラス クエスト)を用意しなくてはならない」という訳ではなく、Webカメラさえあればできちゃいます。

トラッキングツール"3tene"を利用してYouTube配信しよう

VRoidで作製した3Dモデルを使ったYouTube配信する方法の一つに、"3tene"というトラッキングツールがあります。
VRoidで製作した3Dモデルを「3teneFREE」で読み込ませた画面
"3tene"には、
  • 無料版
  • 有料版
があります。 3tene
何が違うの?
無料版ではやっぱり厳しい?
いいえ、無料版でも十分に「VTuber」として配信することができます。

"3tene"の無料版と有料版の違いは何?

無料版でも十分にVTuberとして配信することはできます。
というのも、無料版の「3tene FREE」でも配信に"最低限"必要な
  • フェーストラッキング
  • リップシング
機能が備わっているからです。
なるほど・・無料版でも、他のVTuberと肩を並べられるわけね!
いいえ、厳密には少しだけ違います。
無料版「3tene FREE」のフェーストラッキングは、
  • 顔の動き
  • まばたき
  • 口の動き
にしか対応していません。

表情を反映することができないのです・・・。
また、全身トラッキングができるのは有料版だけです。
表情の操作ができないのは痛いわね・・。
いえいえ、表情の操作自体は・・可能です。
予め決められた"表情パターン"を選ぶことで表情を操作することができます。
「3teneFREE」で3Dモデルの表情を操作している画面
表情の操作はできるけど・・・制約が色々あるのね。
そういうことです。
有料版の場合は、高精度フェーストラッキングといって、表情を読み込ませることができます。
無料で表情も反映できるツールは無いの?
表情は・・筆者の知る限りは存在しませんが、無料で
  • 眉毛
  • まばたき
に対応しているツールはあります。

トラッキングツール"Hitogata"を使ってYouTube配信をしよう

VRoidで作製した3Dモデルを「Hitogata」で読み込ませてみた
"Hitogata"というトラッキングツールでは、「3tene FREE」とは違って、無料で
  • 眉毛
  • まばたき
に対応しています。 Hitogata
口に眉毛に、まばたきに対応・・ほとんど表情トラッキングじゃん!!。
神ツールじゃん!!
ただ、筆者がVRoidで作製した3Dモデルで試したところ・・
  • 3Dモデルの表示が一部おかしい
  • 重たい(3teneと比較して)
  • "まばたき"が反映されずらい
という問題が発生しました。
VRoidで作製した3Dモデルを「Hitogata」で読み込ませた結果、相性が悪くバグが生じた一方、同じトラッキングツール「3tene FREE」では問題なく読み込めた
一方、
  • Hitogataに最初からある
  • Hitogataで作製した
3Dモデルでは、こういった問題は無かったので、、単純にVRoidで作製したモデルとの相性が悪いだけなのかもしれません。
世の中は、そう都合良くいかないものね・・。
ただ、、Hitogataには面白い機能があります。

Hitogataでは3Dモデルの雰囲気を変えることができる

Hitogataでは、陰影処理(シェーダ)の種類を変えることができます。
もちろん、3teneでも調整可能ですが・・、3teneでのシェーダー設定は微調整の域を出ません。
ほほう・・ということは、Hitogataは3teneより凄いのね。
凄い・・かはわかりませんが、思いっきり雰囲気を変えることができます。
フェーストラッキングツール「Hitogata」では、シェーダーの設定で3Dモデルの雰囲気を「デフォルト」「Greener」「Toon」の3パターンに変えることができる
皆さんは、どの雰囲気が好きですか?(笑)。
筆者は、Greenerが好きです。
えいりは~、Toonかなぁ!
デフォルトより明るい気がする!!。
まぁ、こんな感じに思いっきりVRoidで作った3Dモデルの雰囲気を変えることができます。
ただし、その反面、微調整ができません。
えいりは、シェーダーとかよくわかんないから、Hitogataの方が簡単で好きかな~!。

VRoidで作った3DモデルをYouTubeにOBSを使って配信しよう

これまでは、VRoidで作製した3Dモデルを動かす方法の紹介をしてきました。
ですが、"3tene"や"Hitogata"といったフェーストラッキングツールだけでは
  • YouTube
  • niconico
等の動画配信サイトで動画を配信することができません。
え!?じゃあどうやって配信するの?
配信するには、「OBS Studio」という別のツールを使用します。
「OBS Studio」で「3tene FREE」画面を読み込ませる方法は、「ソース」のところで「ゲームキャプチャ」を選択して、「3tene」のウィンドウを選ぶだけです
OBS Studio
なんか難しそう・・。
いえいえ、そんなに難しくはないですよ(笑)。
3teneを使う場合は、
  1. 「OBS Studio」をインストール
  2. 「OBS Studio」を起動
  3. ソースを追加
  4. 「ゲームキャプチャ」を選択して「[3tene.exe]:3teneFREE」を選択
の順に選択していくだけで、3tene画面をキャプチャーすることができます。
「OBS Studio」で「3tene FREE」の画面をキャプチャーしている様子
「Hitogata」の場合は・・?
「Hitogata」の場合は、「[3tene.exe]:3teneFREE」を「[Hitogata.exe]:Hitogata」に変更するだけです。

YouTubeに配信開始するにはどうしたら良い?

VRoidで3Dモデルを作製し、
  • 3tene
  • Hitogata
でモデルのフェーストラッキングの準備が完了し、OBSでキャプチャーできたらいよいよ、YouTubeへの配信ですよね。
うんうん。
手順は至って簡単です。
「OBS Studio」を使ってYouTubeに配信をする方法は、まず、YouTube側でライブ配信の有効化を行い、ストリーミングキーを取得し、「OBS Studio」側で登録します。そして、配信開始するだけ、YouTubeでライブ配信をすることができます。
  1. YouTubeでライブ配信の有効化
  2. YouTubeのストリーミングキーの取得
  3. OBSでストリーミングキーの登録
  4. 配信開始
以上です。
結構簡単なのね!!。
そうなんです。
ただし、YouTubeでライブ配信ができるようになるには「有効化」が必要で、24時間かかります。
事前に有効化をしておきましょう。
[VTuber]ゲーム実況配信で3Dモデルを表示させる方法

QooQ