【GoogleAdsense】PINコードが送られてきたらどうするの?どうなるの?

2021/01/01

Adsense

t f P L

ついにGoogleAdsenseからPINコードが送られてきた件について

GoogleAdsenseの合格から1年が経とうとしている今、遂に筆者にもGoogleAdsenseから例の"薄っぺらい紙"で有名な「PINコード」が届きました。

やったじゃん!これから収益化がやっと始まるのね。

いいえ、そんなことありません。
PINコードは届きました。
でも、まともな収益が入ってくるとは限りません。

え、どういうこと?

PINコードは、あくまで一定金額(1,000円程度)に達した際に本人確認を行うために送られてくるものです。
届いたからといって、何か変わるわけではありません。
本記事では、そのことについて語ろうと思います。

  • PIN を使用した住所確認について
  • PINコードってそもそも何?どんな感じの物?

    GoogleAdsenseで、1,000円程度収益が貯まると、本人確認のために、PINコードがGoogleAdsenseから送られてきます(初回限定)。
    こんな感じです。

    Google AdsenseのPINコード

    超薄いです。
    この表紙をペラペラ~っとめくると、

  • PINコード入力手順
  • PINコード
  • が記載されています。
    ただ、この「PINコード入力手順」ですが・・・、
  • Adsenseにログイン
  • 設定からアカウント情報を開く
  • アカウント情報から「住所の確認」
  • と記載されていますが・・・、実際のAdsense管理画面では、"アカウント情報"には【住所の確認】は無く、Adsense管理画面のトップにありました。

    発送の通知からどれくらい時間かかった?

    GoogleAdsenseからPINコードが届くまでの時間

    GoogleAdsenseで、収益が一定程度(1,000円程度)たまると「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。」というメッセージと同時に、PINコード発送が通知されます。
    Adsenseの公式ヘルプによると、発送が通知されてから2週間から4週間かかる場合もあるそうですが、筆者の場合は2週間でした。

  • PIN を使用した住所確認について
  • GoogleAdsenseからPINコードが届いてもこれまで同様の何も変わらない日々が続く

    GoogleAdsenseに合格して収益化を始められたとしても、

  • すぐに稼げる人
  • すぐには稼げない人
  • がいます。
    筆者は後者だと思います。
    確かに、PINコードGoogleAdsenseで稼ぐための一つの壁を超えた瞬間ではあります。
    しかし、ここまで到達するのに、GoogleAdsenseに合格してから約1年が経過しています。
    そして、未だに月数百円の域を出ていません。

    つまり、PINコードが届いたからって何か変わるわけじゃないってことね。

    そういうことです。
    GoogleAdsenseに合格したてな人からすると「羨ましい」と思うかもしれません。
    しかし、1年待ってやっとです。
    1年まって1,000円ですよ(笑)。
    もうやってられない!!
    そんな気分です(笑)。

    まぁまぁ・・(笑)。

    注意事項

    GoogleAdsenseからPINコードが届くまでに注意事項三つがあります。

    何々?

    それは、以下の通りです。

    1. PINコードの入力期限は4か月まで
    2. PINコード誤入力は2回までセーフ
    3. PINコードが届く際の個人情報流出リスク
    3つ目はあんまり聴かない話だね。

    GoogleAdsenseのPINコード入力期限は4か月まで

    公式にもあるように、GoogleAdsenseからPINコードが発送通知が来てから4か月が経過してしまうと、Adsense広告の配信が停止されてしまいます。
    なので、4週間程度たっても届かない場合は、早急に"再送"をリクエストしましょう。

  • PIN を使用した住所確認について
  • 再送リクエストってどうすればいいの?

    GoogleAdsenseのトップ画面に「PINコードを入力」というタスクカードが表示されているはずです。
    その下の方に「PINを再送」とあります。
    それを押して再送をリクエストしましょう。
    また、PINコードが届いている場合は、"発送(初回)"から4か月が経過する前に入力を済ませておきましょう。

    【グーグルアドセンス】PINコードが届かない!?再送方法と住所確認・変更の方法ご紹介(2020年版)

    グーグルアドセンスPINコード(ピンコード)が届かない時の住所確認、変更方法、再送方法のご紹介

    PINコードの誤入力は2回まで許される

    流石に、誤入力を3回もしてしまう方は、そうは居ないと思いますが、一応、3回まで入力が可能です。

    もし、3回誤入力したらどうなるの・・・?

    Adsense広告の配信が停止されてしまいます。
    なので、"GoogleAdsenseから届く書類"の中に記載されている"PINコード"を正確に入力しましょう。

    郵便の配達員さんにGoogleAdsenseを利用していることがバレる

    GoogleAdsenseのPINコードは、郵送で届けられます。
    しかし、封筒で隠されもせずに、そのまま"薄っぺらい紙"の状態で送られてきます。
    そのため、

  • Googleアカウントの氏名をハンドルネームにしている方の身バレするリスク
  • ブログまたはYouTubeまたはアプリ製作で副業していることが郵便配達員さんに必ずバレる
  • という二つのリスクがあります。

    個人情報を伏せてくれないの?

    Googleは伏せてくれません。
    なので、筆者は「Googleさん、プライバシーに配慮しろよな・・・。」と思いました。

    業務上のことなので、本人はしっかりと黙秘してくれるとは思いますが。
    ただし、

  • ブログ上で公開しているハンドルネーム
  • Googleアカウントのハンドルネーム
  • は別なものとしているため、ブログとの因果関係はありません。
    なので、個人情報が流出してしまう可能性は、幸いなことに、ありません。
    ですがもし、
  • ブログ上で公開しているハンドルネーム
  • Googleアカウントのハンドルネーム
  • が同一だったら・・・と背筋が凍りましたね。

    今気が付いたけど・・「Googleアカウント」の名前なんだ!
    アドセンスアカウントじゃないんだね。

    そうです。
    なので、PINコード発送前にAdsenseアカウントではなく、"Googleアカウント"の氏名を本名に変えておきましょう。
    郵便配達員さんも困惑しますからね(笑)。


    [Blogger]Adsenseの自動広告を記事中の任意箇所に表示させる方法

    Adsenseの自動広告は、執筆者や読者の双方に不快感を与える場所に表示されることがあります。しかし、工夫次第によっては「ブログ側」で自動広告の表示場所を制御することができます。




    このブログを検索

    Twitterアカウント

    ContactForm

    名前

    メール *

    メッセージ *

    Archive

    ラベル

    QooQ