"完全一致検索"でGoogle検索結果が大きく変わる!?

2021/02/28

雑記

t f P L

近年のGoogle検索で返される結果は権威性重視

近年、Google検索はアップデートを繰り返し「権威のある情報」を返す様になってきています。しかし、それは欲しい情報とは限らない場合があります。

最近、企業系のサイトがよく表示されるよね。

筆者は、企業のサイト(HPやブログ等)が上位表示される事について、検索ユーザーとして恩恵を受けているので、それ自体は問題だとは思ってはいません。ただ、余りに権威性を重視しすぎている為、「キーワードに触れている」だけの、欲しい情報ではない

  • HP
  • ブログ
  • などが検索結果として返される事が多く困っていました。

    SNS使った方がいいよ?

    SNS検索は、確かにリアルタイム性には優れていますが、検索に置いて最も重要な

  • 正確性
  • 分かり易さ
  • に欠けている為、筆者は当てにしていません。
    その代わりに筆者は最近、検索の仕方に工夫をしています。検索精度が高くて満足しています。
    本記事では、その検索方法について紹介していこうと思います。

    「完全一致」検索で欲しい情報だけを入手しよう

    最近、筆者が工夫している検索方法は「完全一致検索」です。
    Google検索で、普通にキーワードを入力して検索すると、

  • 企業系サイト
  • 大手個人サイト
  • が優先的に上位表示されます。
    確かに、権威性の観点や、情報の正しさの観点から見ると、特に問題の無い準位付けだと思います。
    しかし、「論文を探したいのに、企業のサイトが検索結果として返される」等、本当に欲しい情報は出てこない事がよくあります。

    一般の検索ユーザーと次元が違うような・・。

    企業系のサイトならまだしも、

  • 個人サイト
  • 知恵袋等の質問回答系サイト
  • がヒットした時は、正直、キレましたね。

    あるじ様の、このブログも・・個人サイト。

    あくまで「学術目的での検索の場合の話」ですよ。
    一般利用のレベルに落とすとしても、普通に検索すると欲しい情報は出てきません。
    例えば、「Blogger SEO」について調べようとしたら、

  • 内部リンクSEO
  • SEOに強いブログに云々
  • 等が検索結果として返されました。 それらは、"Blogger"についての内容ではなく、
  • WordPress
  • はてなブログ
  • note
  • 等を含む、"ブログ全体"の内容でした。

    最近、多いよね。

    しかし、「完全一致検索」に切り替えた途端、検索結果に対する体感的な満足度が、10%から80%、一気に向上しました。

    そんなに変わるんだ!!
    でも、なんで80%なの?

    満足度80%はかなり高いと思うのですが、完全一致検索とはいえ、検索結果の順位が下に行く程「関係の無い情報」が出てくるからです。
    「Blogger SEO」で検索すると、通常の検索では1ページ目に「Blogger」に関する情報が全くない事もザラです。
    しかし、「完全一致検索」をする事で、1位~3位までは筆者の欲しい情報を返してくれます。
    しかし、4位以降「関係の無い情報」が掲載されるのは頷けないです。

    それは、単純に「Blogger SEO」に関する情報量が少ないだけでは・・・?。
    でも、結構検索精度上がるんだね!!。

    Google検索の「完全一致検索」を利用する方法

    ところで、「完全一致検索」ってどうするの?

    「完全一致検索」の方法には、

  • 検索記号(「"Blogger"+"SEO"」)を使用する方法
  • 検索結果を返してから「ツール」で「完全一致」を選択する方法
  • の二つがあります。
    ちなみに、筆者のおすすめは検索ツールで「完全一致」を選択する方法です。

    なんだか難しそう・・。

    全くもって難しくありません。
    アプリのダウンロードするわけでも無いので手間も掛かりません。

    Google検索での完全一致検索の仕方「検索ツール」

    Googleでの完全一致検索の仕方

    Google検索では、とても簡単に"完全一致検索"する事ができます。
    手順は以下の通りです。

    1. 普通に検索する
    2. 「ツール」から"すべての結果"を"完全一致"に変更
    思ってた以上に簡単だった(笑)。

    「""(ダブルクオーテーションマーク)」等の検索記号は、混乱する人もいると思いますが、この方法は、それとは違って何も覚える要素がありません。
    なので、この「検索ツール変更」での"完全一致検索"方法はオススメです。
    ただし、ブラウザを閉じたり、タブを変えたりする度に検索ツールで変更する必要があります。
    その為、「少々面倒くさい」という欠点があります。

    まだまだ捨てたものじゃない「Google検索」

    近年、Google検索での検索結果精度が悪く、「満足のいく答えにたどり着くのも困難」という声をよく聞きます。
    Google検索の代わりに
  • SNSで検索
  • YouTUbeで検索
  • する事も多いのではないでしょうか?
    あー最近は、基本的にその二つだね~。
    ブロガー界隈では「Bing検索」という声も上がっていますが、まだまだ「Google検索」は捨てたものではありません。
    「完全一致検索」を利用して効率よく、スマートに検索していきましょう。

    もう情弱とは言わせない!情報の調べ方とそのコツ

    近年、SNSで検索する「タグる」人が増え、逆に ・Google ・Bing などで検索しない人が出てきています。 その理由に ・ググり方がわからない ・どれを選べば良いか分からない ということがあります。 本記事では、そんな悩みを解決できるように「ググるコツ」を紹介しています。参考にしてみてください


    QooQ