大学に4年間毎日電車通学し続けた感想

2021/02/02

大学生活

t f P L

電車で4年間ほぼ毎日大学に通学するのもあと僅か

もうすぐ筆者は、大学(学部)を卒業します。
卒業研究も終わり、あとは
  • 卒業論文の執筆
  • 発表
を残すばかりです。
コロナでどうなるか心配でしたが、なんとか間に合いました。
おお~!大学を卒業できるんだね!!
この4年間を振り返ってみると、本当に色々ありました。
  • 試験の度に胃を痛めたり
  • 留年や退学していく学友との悲しい別れがあったり
  • 朝早くに満員電車で通学したり
大変だったね・・。でも、それもあと少し!!。
そうですね~(笑)。
これから、院生になりますが、とりあえずは一区切りですね。
特に、毎日の1時間(片道)を超える電車通学は中々堪えるものでした。
片道で1時間、お疲れ様だね・・。
あと2年間もあるのね・・大変。
でも、何も辛い事ばかりではありませんでした。
本記事では、「4年間ほぼ毎日、大学へ電車通学し続けた感想」を述べようと思います。

電車通学をして良かったと思う理由~ちょっとした旅行気分(混雑時間を除く)~

ほぼ毎日、片道1時間(往復2時間)電車に乗って、大学に通学しているわけですが・・・、4年目の今でもちょっとした旅行気分を味わえますね。
ずっと同じ車窓ばかり眺めて飽きてこないの・・?
これが、中々飽きませんね~。
それに、「車窓を眺める」ことだけが楽しむ要素ではなく、他にもありまして・・。
揺れる車内の
  • シート(椅子)
を俯瞰的に眺めてみると分かりますが、趣を感じることができます。
えいりには理解できない・・・電車って移動するための手段としか捉えていないから・・・。
それは非常に勿体ないことです。
せっかく電車に乗っているのですから、少しは味わいましょう。

満員電車での通学はきつい・・だけど、それこそ"電車通学の醍醐味"

でも、満員電車は辛くなかった?
大学の講義や実験の関係上、どうしても混雑時間を避けられず、基本的に、毎朝満員電車に揺られてました。
  • 寝不足
  • 徹夜明け
の時は、酷いもので、ロングシートの車両で目の前に座っている人に"ダイブ"した経験も・・。
座れたら良いんですが・・、まぁ、そう簡単には座れないものです(笑)。
うわぁ~・・つらそう。
ですが、それも"醍醐味"です。
辛いですが、どこか楽しさも感じられました。
ちなみに、立ちながら寝る技術を身に着けて以降は、そんなに辛くはなかったです。
立ちながら寝るって・・極めてるし(笑)。
そんなことよりも、一番つらいのは「急な腹痛」です。

急な腹痛は電車通学を地獄に変える

筆者は基本的に、朝起きたら必ずトイレに30分は籠ります。
長すぎ!!
と言われても、仕方ないですよ・・。
もし、電車に乗っている間に「腹痛」が襲ってきたら・・、
  • 夏場は"冷房"と"揺れ"に
  • 冬場は"揺れ"と"特急追い越し待ち中に車内に入ってくる冷気"に
苦しめられて、楽しい電車通学が一気に地獄に変わります。
車内か駅のトイレに行けばいいじゃん(笑)。
まず、混雑時間にトイレまで行くのは容易なことではありません。
そして、遠距離通学生にとって「一旦下車する」ことは何を意味すると思いますか・・?。
答えは"遅刻"です。
なので、少なくとも大学の最寄り駅までは、どれだけ
  • お腹が痛くても
  • 限界を感じても
我慢する他ありません。
地獄だ・・。
なので、筆者は起床後にトイレに30分は籠ることを習慣付けています。

電車に揺られながらの寝心地は最高

1時間も経ち続けるのは中々堪えるものですが・・、シート(椅子)に座れたときは天国です。
電車の中で揺られながら寝ると、なんとも言えない心地良さを感じることができます。
もちろん、
  • ロングシート
  • 転換クロスシート
では差がありますが、コツを掴めばどちらでも大差はありません(笑)。
心地よさそうだよね~(笑)。
たまに、隣の人がもたれかかって来ますが・・(笑)。
「明日は我が身」です(笑)。
暖かい目で見てあげましょう(笑)。
そういえば、あるじ様がよく「隣のおじさんがもたれかかってきた(笑)。」って言ってたわね(笑)。

定期券の区間は電車に乗り降り放題

大学に電車通学する場合に、定期券を購入します。
この定期券は、その区間内であれば
  • 乗車
  • 下車
し放題です。
別にそこまで電車好きってわけじゃないんだけど・・。
いえいえ、電車が好きか否かは関係ありません。
  • 自転車
でも行くのに抵抗のあるちょっと遠い街まで、無抵抗で行くことができます。
それがどうしたの・・・?
行動の範囲が広がります。
結果として
  • アルバイトの選択肢が増える
  • 気軽に遊べにいける範囲が広くなる
様になります。
家や、近場で休日や暇な時間を過ごすのも悪いとは言いません。
ですが、せっかくの大学生活です。
広く行動した方が絶対に良いと思うのです。
あるじ様ってインドア派だったよね・・。
そうですが、大学生になってからは、外出する機会が大きく増えましたね(笑)。

寮費と比較したら破格の安さ

正直に言えば、学生寮に入ってもよかったんです。
社会人になる前に"一人暮らし"を経験することができるのは強みです。
とはいえ、
  • 生活費
  • 寮費
ってそれなりに高いんですよね。
電車の定期券も大して変わらなくない・・?
いえいえ、寮生活にかかる費用の1か月分で、半年分の定期券を購入することができます。
そんなに違うの!?
電車通学の方が寮生活よりも安い事は間違いありません。

まとめ

電車通学は、
  • 満員電車
  • 生活を電車の時間に合わせる必要がある
など、大変なことも多いです。
しかし、上述のようにメリットも沢山ありました。
4年間の大学に電車通学してどうだった?
結果として「良かった」と思っています。
なので、これから追加の2年間も、社会人になってからも電車で通学及び通勤をしていきたいと思います。
もし大学生活で
  • 電車通学
  • 一人暮らし
で迷っている方がいらっしゃるのであれば、筆者は強く"電車通学"をオススメします。

大学生は一人暮らしをすべき理由~実家暮らし目線~

大学生になると、一人暮らしか自宅から通学するかを迷うと思います。本記事では、そういう方々に参考にしていただけるような内容を書いています。




このブログを検索

Twitterアカウント

ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

Archive

ラベル

QooQ