クレジットカードのバーコード決済が普及して欲しい(切実)

2021/03/28

クレジットカード

t f P L

クレジットカードでもバーコード決済できる

先日筆者は、クレジットカードを取得しました。 しかし、あまりにPayPay決済に慣れてしまっており、「わざわざカードを取り出すのは面倒」と感じてしまいました。

PayPayみたいにバーコード決済できないの?

クレジットカードにおけるバーコード決済は、できる事はできます。 しかし、現実には「使いたくても使えない」状況にあります。

使いたくても使えない・・どういう事?

それについては、これから本記事で語っていきます。

大学生よクレジットカードを取得しよう

今までクレジットカードを「便利だけど怖い物」かつ「大学生だと発行して貰えない物」だと思っていました。しかし、現実は違います。 クレジットカードは怖い物でもなければ、大学生で取得できない物でもありません。

クレジットカードではスマホアプリでバーコードが決済できる

筆者のクレジットカードは「エポスカード」です。 エポスカードには、スマホアプリがあり、そのアプリでバーコード決済「EPOS Pay」ができます。

「EPOS Pay」したらいいじゃん(笑)。

しかし、使えるお店は非常に限定的です。
"クレジットカード"自体は今や、どこでも使えますが"バーコード決済"となると使える範囲が限られてしまいます。

そんなに使えないんだね・・。

ほんと、PayPayとその営業さんは凄いです。 クレジットカードのバーコード決済も、もうちょっと頑張って欲しいと思っています。

クレジットカードのバーコード決済を利用する事のメリット

PayPayなどの通常のバーコード決済は、基本的にチャージして使う"プリペイド型"です。
チャージ方法として
  • ATMから
  • 紐づけした銀行口座から(ネットを介して)
  • キャリア決済
  • がありますが、基本的に金額を指定して"チャージ"しなければなりません。
    一方で、クレジットカードの場合はチャージが不要で、翌月に口座から自動引き落としされます。

    チャージの手間が省けるという事ね。

    また、クレジットカードは、
  • 飲食店
  • 施設
  • 等での割引をはじめとする特典や優待を受ける事も可能です。

    PayPayでも期間限定で還元率アップとかあるよ!

    クレジットカードの優待の場合、期間は限定されていません。

    まとめ

    クレジットカードは基本的に怖いものではなく、昨今流行っているPayPayやLINEPayなどと大して変わりありません。
    むしろ、特典や優待を考慮すれば、クレジットカードの方がお得です。
    しかし、便利さでは残念ながらPayPayなどのバーコード決済の方が上です。

    クレジットカードはわざわざ財布から取り出さないといけないからね・・。

    クレジットカードにも専用アプリを利用した"バーコード決済"はあります。 しかし、使える範囲が非常に限定的なのが現状です。

    もっと広まらないかな・・。

    広める方法はないことはありません。
    例えばコンビニの場合は、本社に問い合わせて提案することで検討してくれる可能性があります。
    しかし、利用者数という最大の壁があります。

    まずは利用者数を増やさないとなんだ・・。

    まだまだ先が長いね・・。

    利用者数を増やすと言っても、使える範囲が限定されている以上、使いたくても使えない為、非常に難しいです。 クレジットカード会社の営業努力による所が大きいでしょう。
    しかし、カード利用者である筆者達にもできる事はあります。 普段利用する店舗や施設で「クレジットカードのバーコード決済」ができるよう、要望を提出していきましょう。

    QooQ