【トリマ】歩いて移動して効率よくポイ活をしよう

2021/07/09

お金

t f P L

ポイ活アプリも使い方次第

ポイ活アプリと言えば、「ほとんど稼げない」というイメージがあります。
というか、それは事実であり、筆者自身もそういうイメージを持っています。

何か良いポイ活アプリを見つけたの?

いいえ、しかし、賢く使えばそれなりには稼げるポイ活アプリを見つける事はできました。
それは、「トリマ」です。

有名なポイ活アプリだね~、でもそんなに稼げるイメージはないよ。

先に訂正しておきますが、"稼げる"とは言っても、アルバイトを遥かに下回るレベルです。
一日に2~30円相当のポイントを貯められれば上々というものです。

そこまで普通貯まるかな~(笑)。

工夫次第では全然可能な範囲です。人によってはこれ以上も目指せます。
本記事では、筆者の工夫についてお話していきます。

トリマでマイルを貯めるにはタンクよりも歩数が重要

まず、トリマでポイントを貯めるには、移動による「タンク」を貯める事が重要の様に見えます。
車や電車を利用して通勤・通学する人は、ただ移動するだけでマイルが貯まりますからね。
しかも、「動画を視聴して獲得」を選べば1タンク当たり100マイル貯まります。

お得じゃん(笑)。

まぁお得なのは事実ですが、必ずしもそうとは限らないのです。
実は、「徒歩」による「歩数」の方が重要だったりします。

タンク1本貯めるのに必要な距離とマイル1回獲得に必要な歩数

タンク1本を貯めるのに、どれくらいの距離を移動する必要があると思いますか?
公式サイトに回答があります。
  • トリマ公式サイト「よくある質問『移動について』」
  • 「約10km」です。
    タンク1本当たりの獲得マイルは通常「25マイル」で、「動画を見る」を選ぶ事で「100マイル」にする事ができます。

    結構おいしいじゃん(笑)。

    一方、歩数は「1,000歩」で1回、マイルを獲得する事ができます。
  • 通常15マイル
  • 動画見て60マイル
  • タンク貯めた方が効率よくない?

    果たしてそうでしょうか。

    意外と効率がよく無いタンク

    自宅から大学までの移動で、片道6本溜まるとします。

    片道だけで最低600マイル貯められるって事ね。

    いいえ、動画を見てマイルを獲得しようと思うと、通信量が大きくなり過ぎるため、移動中でのタンクの消化は「1本につき25マイル」に限定されます。
    もちろん、パケ放題で通信量について心配が不要な方の場合は600マイル全て獲得する事ができます。
    しかし、月々の通信量が大きくない人も多いでしょう。
    その場合、初期状態だと、タンクは3本までしか貯めておくことができないので、ちまちま「25マイル」ずつ獲得消化していく必要があります。

    えーと、3本はストックできるから......3本は途中で消化しなくちゃいけないから......。

    結論から言うと、片道で「375マイル」しか獲得できないのです。
    もちろん、目的地についてから、WiFi環境下で動画を見てタンクを消化できる事が前提です。
    なお、"オマケ"は含んでいません。

    でも、ブーストとかあるじゃん?

    確かに、タンクのたまるスピードを倍にする事はできます。
    が、結局は最終的に残しておくことができるタンクは3本です。他は途中で25マイルで我慢して消化しなければなりません。
    仮に3倍にブーストしたとしても、「525マイル」しか獲得する事ができません。
    それに、電車やバスなどの公共交通機関を使う限定の話であり、マイカーで通勤する人は途中で消化なんて事はできませんからね。

    確かに、自動車を運転中や一時停止中にスマホを取り出すのはダメだもんね。

    そうなると、目的地にたどり着くまではタンクが溜まっていても消化する事ができないので、「タンク3本」が限界となります。

    それでも移動の"ついで"にたまるならいいじゃん。

    あくまで"移動のついで"であれば良いのですが、休日や休憩時間などで時間がある際に「車や電車を使ってタンクを貯める」のは効率的であるとは言い難いのです。

    どうして?

    車や自転車でタンクを1本分、すなわち10kmを移動するのにどれだけの時間が掛かると思いますか?
    電車であれば、10分も掛からずに達成可能ではありますが、自動車の場合はそうではありませんよね。

    道路の交通状況などにもよるけど、結構時間かかるよね。

    では、ここで徒歩について思い出してみましょう。

    歩数によるマイル獲得は意外と効率が良い!?

    1000歩当たりでマイルを一回獲得する事ができます。
    一回当たりの獲得できるマイルは
  • 通常は15マイル
  • 動画を見れば60マイル
  • です。

    1000歩って、結構すぐだよね~。でも、疲れるしタンクより獲得できるマイル数少ないし。

    確かに、1回に獲得できるマイル数は移動距離すなわち、「タンク」に劣ります。
    しかし、重要なのは「マイル獲得はリセット時間までなら保留できる」という点です。
    1km当たりの歩数を1000歩、所要時間を15分程度(筆者の場合はもうちょっと短い)とします。
    お昼休みに1km散歩するとして、1回分のマイル獲得チャンスを得るとします。
    これは、「すぐに消化しなければならない」ものではなく、その日の夜に消化するなんて事も実は可能です。

    余裕のある時にマイル獲得できるってわけね。

    そう言う事です。
    つまり、しようと思えば全部、動画を見る事もできます。
    昼休みの1000歩分(所要時間15分)歩けば、動画を見る事で60マイル、2000歩(所要時間30分)歩けば120マイル獲得です。
    その上、散歩なので健康にも良いです。

    車で10kmドライブしようと思ったら30分は越える.....歩数稼いだ方がお得なんじゃ!?

    その通りです。
    なので、時間にゆとりある時にマイルを稼ぎたければ、歩いた方が効率的というわけです。

    いつもの通勤・通学時のマイル獲得を効率化させたい

    車とかを使って移動するより歩いた方が効率的なのはわかった。

    じゃあ、いつもの通勤・通学時のマイル獲得効率を向上させるにはどうしたらいいの?。

    結論から言えば、「タンクを増やす」です。
    先ほどにも言いましたが、どれだけ長距離を移動するとしても、途中でタンクを消化せざるを得ない場合、長距離による利点がある点から減少していきます。
    例えば、通勤通学で30km移動する場合は3本のタンクを貯めることができ、動画を見ることで、300マイルを獲得する事ができます。
    通勤通学で60km移動する場合は、タンク3本分(動画視聴)の300マイルと、途中で消化した3本分(75マイル)の合計375マイルです。

    所要時間は単純計算で2倍なのに、マイルの差はたったの75か~。

    そこで、タンクを1本追加するとします。
    すると、通勤通学で60kmを移動するとして、タンクを4本分ストックする事ができます。すなわち、動画視聴で400マイル獲得です。
    一方、途中で消化するタンクは2本、すなわち50マイルです。
    合計獲得可能マイル数は450マイルとなります。

    でも、所要時間2倍で差がたったの150マイルか......馬鹿にはできないけど、もうちょっと増えないの?

    さらにもう一つタンクを追加すれば、さらに効率化する事ができます。
    距離は同じなので、溜まるタンク数も同じです。
    5本ストックする事ができるので、合計525マイルの獲得ができます。

    どうしてタンクを追加すればするほど、お得になるの?

    動画を視聴してタンクを消化すれば、1回あたり100マイルを獲得する事ができますよね。
    ですが、動画を視聴しなければ1回あたり、25マイルしか獲得する事ができません。すなわち、1回当たり75マイルの獲得機会損をしているという事です。
    タンクを追加する事により、その機会損失を減らす事ができるので、効率が上がるというわけです。

    と言う事は、タンクを増やしてブースト掛ければウハウハ......。

    あながち、その考えは間違いではありません。
    しかし、次の点に注意しましょう。

    タンクの追加もブーストもマイルを消費する

    トリマアプリでタンクを追加するには、8000マイルを消費する必要があります。
    もちろん、一度追加したタンクは永久的なものです。
    しかし、8000マイルなので
  • そもそも追加する必要があるのか
  • 現状、マイル獲得を最大限に効率化するには何本必要なのか
  • タンク追加分のマイルはどれくらいの日数で挽回可能なのか
  • を把握して、慎重に判断する必要があります。
    長距離を移動する人にとっては、先行投資としてタンクを追加するのは賢明な策です。しかし、逆に、通勤通学が徒歩圏内である等、あまり移動しない場合はタンクの追加は損にしかなりませんからね。

    どう判断すれば良いの?

    例えば、
  • 毎日電車で5本分のタンクが貯まる
  • ブーストは掛けない
  • 人の場合は、5本で最大効率となります。
    ただし、初期状態だとタンクは3本しかないので、2本追加する必要があり、16000マイルを消費します。
    すぐにポイントを貯めて交換したい人の場合は、オススメはできません。
    超長期的にポイントを効率よく大量に稼ぎたい人向けです。
    タンクのブーストには、1000マイルを消費する事で3倍のスピードでタンクが貯まる(7日間)ものと、2000マイルを消費する事で3倍のスピードアップが得られる(30日間)のものとがあります。
    日数を無視するとして、3倍のスピードでタンクが貯まるので、最大効率にするには、タンクも3倍必要になります。

    その例だと、10本必要って事!?

    まぁ、あくまで効率を最大にしたい場合なので、機会損失をいくらか妥協できるのであれば、そこまで増やす必要はありません。
    また、ブーストにもマイルを消費しますので、賢く使う必要があります。

    無課金(マイル消費無し)のブーストは無いの?

    あります。
    動画を見ることで、同様の効果を得る事ができます。
    ただし、制限時間がシビアで、3時間しか効力を発揮しません。

    それくらいあれば十分だよ(笑)。

    徒歩の場合はどうなの?

    徒歩の場合も、タンク同様にブーストがあります。
  • 1000マイルで7日間マイル獲得チャンスが2倍になる
  • 2000マイルで30日間マイル獲得チャンスが2倍になる
  • 動画を見てマイル獲得チャンスが1日のみ2倍になる
  • の3種類があります。

    結構おいしいじゃん(笑)

    1日1万歩以上歩く人向けですが、さらに効率を上げる事ができます。
    初期状態のままだと1日1万歩分までしかマイルを獲得する事ができないので、通常マイル獲得機会は10回、ブーストを掛けても20回です。
    そこで、10,000マイルを消費する事で5000歩分の追加(永久)をする事が、最大で4回(40,000マイル)まで可能です。

    4万マイル......高過ぎる。

    まぁ、一日3万歩も歩く人はそう多くはないと思いますので、追加するとしても5000歩分(10,000マイル)で十分だと思います。

    先行投資だと思って効率化すればかなりポイントを稼げる

    以上の事から、マイルを消費する事で
  • タンクを追加したり
  • 歩数上限を増やしたり
  • する事でマイル獲得効率を上げる事ができます。
    また、ブーストを掛けることでさらに飛躍的にマイル獲得効率を上げる事が可能です。

    そうすれば、一日20~30円相当のポイント(1~5,000マイル)を貯める事も可能なの!?

    可能です。
    人によっては、さらに増やすことも可能でしょう。
    しかし、効率化するには何よりもまず最初に、まとまった「マイル」を貯める必要があります。

    な~んだ。

    愚直にマイルを貯めて行くことから始めましょう。
    ブースト自体はマイルを消費しなくても可能なので、まずは、ブーストを掛けて1日1万歩、1,200マイル(12円相当)を目指して歩きましょう。


    このブログを検索

    Twitterアカウント

    ContactForm

    名前

    メール *

    メッセージ *

    Archive

    ラベル

    QooQ