メンタル弱い人はエゴサーチするべからず

2021/08/20

雑記

t f P L

誰しも一度はエゴサーチをする

ネットで活動している人は誰しも一度は、自分のハンドルネームをネットで検索するものです。
筆者も、ネットゲームプレイヤーだった頃は、頻繁にエゴサーチをしていたものです。

前から思ってたけど、なんでエゴサーチなんてするの?

エゴサーチって、良いイメージが全く無いのだけど。

目的は以下です。

  • 自身の認知度や好評価を知る
  • 保身の為に先立って情報を得る。
  • 一つ目は理解できるけど、二つ目はどういう事!?

    それについては、これから本記事で解説していきます。

    エゴサーチは自己防衛に繋がる事もある

    YouTuberなどをはじめ、ネット活動というものは、基本的に人気商売です。
    ちょっとした事で、莫大な支持を得て、沢山稼ぐ事ができる場合もある反面、"ひょんな事"で炎上して、多くのファンを失う事もあります。
    批判が少数であれば、ほとんどの場合、気にしなくても良いです。しかし、批判が多い場合はすぐさま改善しなければファンが離れて行ってしまいます。

    知らず知らずのうちに、ファンが減ったらびっくりするし、気持ち的な問題だけど、そこから挽回するのは厳しいからね~。

    ファンが離れて行くのも問題ですが、それ以上に深刻な事があります。
    過激な人が世の中には、ほんのひと握りだけですが、居ます。
    現実世界でストーキングされたり、最悪の場合、命に関わる様な事をされる事もあるのです。

    まさか〜。

    そんな事する人なんか、いるはずないよ(笑)。

    残念ながら、世の中には、そうった人が一定数存在しているのです。
    以前、トップYouTuber達が苦情の動画をアップロードしていましたよ。今でも、探せば残っていると思います。

    ネット活動を続ける事が大前提

    ネット活動は危険だよ!!

    あるじ様も早く辞めた方がいいと思うよ!!

    確かに、ネット活動を辞めれば、そういったトラブルを回避する事は可能です。
    しかし、何のためにエゴサーチをするのか、落ち着いて考えてみてください。

    続けるため?

    そういう事です。
    とはいえ、ネット掲示板での書き込まれた、悪評や誹謗中傷は、心に深い傷ができてしまうものが大変多いです。
    今は引退していますが、かつて筆者はネットゲームが大好きで課金もそこそこしていて、一時は廃の様に遊んでいました。そのネットゲームでは仲の良いフレンドが沢山いたのですが、ちょっと目立っただけで晒され、誹謗中傷の嵐に遭い、皆、辞めて行きました。
    それでも、まだまだ付き合いのある人は沢山いたのですが、一番親しいフレンドが辞めたのがショックで、筆者も引退しました。

    私が長年愛していたネトゲを引退した理由

    筆者はとあるネットゲームを愛していました。しかし、今はネトゲを辞めて充実した人生を楽しんでいます。本記事では辞めた理由と、辞めてみてどう思ったかをお話しています。

    それは悲しかったね......。

    続ける為のエゴサーチをする事によって、メンタルが崩壊して、続けられなくなってしまうのは本末転倒です。 であれば、一切エゴサーチをしないのも一つの手です。

    告げ口によって知りたくもない事を伝えられることもある

    でもさ、完全な情報遮断は無理じゃない?

    小中高生時代によくあった「わざわざ陰口言われている事実を本人に伝えてしまう」人もいるよ?

    確かに、本人が知りたくもない情報を、良かれと思って、教えてくれる人は世の中に沢山いる事でしょう。そして、それは、親切心からの行動なので、批判し難かったりします。
    それが、いけない行為、だと知るのは、本人がショックを受けて倒れてからの場合が多いです。つまり、時すでに遅しな場合が多いのです。

    でも、それってどうしようもなくない?

    そういう知りたくない事をわざわざ教えてくれる人って、愉快犯が一部紛れて居る事もありますが、大半は悪人ではなく、良い人なのは確かなのです。
    事が起こるまでは判別できない事から、その人だけを避ける、という事は不可能です。

    通常のアンチより厄介だね......。

    対策はあるけど完全ではない

    エゴサーチをしなくても、知りたくない事を告げ口してくれる人は、ネット・現実共に一定数います。

    諦めるしかないわね。

    いいえ、対策はあります。
    まず、ネットで活動している事は、絶対に現実世界で話さない事です。
    完全に誰にも秘密にしていると、相談する相手が居なくなってしまうので、ネット活動を明かすのは、良識を持っていて、特に親しい人に限定しましょう。
    次に、コメントを書き込めるユーザーを制限しましょう。
    YouTubeやniconico動画のコメントを見た事のある人ならわかると思いますが、レベルの低いコメントが散見されます。

    それな!

    キッズだと思いたいけど、実際は大人も多いと思うんだよね~。

    なので、思い切ってコメントできる人を制限してしまうのも手です。YouTubeの場合は、コメントを「メンバー限定」にしてしまうのも有効です。

    有料のメンバー限定にしても、絶対に、誹謗中傷や悪口、告げ口を避けられるわけじゃなくない?

    その通りです。
    完全に避ける事は不可能です。

    ネットで活動するには覚悟が必要

    世の中には、本当に、色々な考えを持った人がいます。全員から好かれる事なんて、まず不可能です。

    それはその通りね。

    悪口を言われたり、誹謗中傷を受けたりする事も避けられません。ですが、それらを我慢する必要も、わざわざエゴサ―チして知る必要もありません。 ただし、「悪口を言われる」覚悟はしておきましょう。 織り込んでさえいれば、聞き流す事ができます。

    えいりのメンタルはガラスだから......。

    アンチがいる一方で、支えてくれるファンもいます。
    さっきも言いましたが、アンチによる誹謗中傷や悪口を我慢する必要はありません。辛い時は「辛い」と言っても良いのです。 ファンはきっと、暖かい言葉を投げてくれるでしょう。
    ファンにどう還元するか、を考えて活動をしましょう。

    QooQ