Windows11へのアップグレードまでの道のり~メモリ増強~

2021/10/30

パソコン

t f P L

メモリ増強してパソコンのスペックをグレードアップした

Windows11が発表され、CPUの世代的に非対応と言われてしまったので、思い切ってパソコンをアップグレードしていく事に決めました。そして今回、第一弾として「メモリ」の増強を実施しました。

あれ?メモリ条件ってそんなに厳しかったっけ?

あるじ様のPCって、確か8GBだよね?

確かに、「Windows11」にアップグレードするため"だけ"であれば、現行の8GBのままでも支障はありません。
筆者はPCゲーマーです。最近のゲームを快適に遊ぶために、以前から「メモリ」の増強や「グラボ」のアップグレード、そして「CPU」のアップグレードを検討していました。とはいえ、本計画は、構成パーツのほとんどを組み替えるので、安く見積もっても合計で20万円程度掛かります。高いです。

学生に20万円は高いね。

そんな中、"Windows11"が発表されました。これを機に、重い腰を上げる事にしたのです。
とはいえ、すぐに20万円をぼっと出す事は難しいので、何度かに分けて長期的に更新していく事にしました。 その第一弾が「メモリ増強」です。
本記事では、その報告と感想を述べようと思います。

メモリ増強前のスペック

まず、グレードアップ前の、筆者のパソコンの構成を紹介します。

  • グラボ(GTX 1050Ti)
  • CPU(core i5 7500)
  • メモリ(4GBx2)
  • マザボ(H270)

普通に高スペックだと思うんだけどね~、これでWindows11が非対応なんて信じられない。

今回は、スペックよりも「TPM2.0」などをはじめとして、セキュリティ機能を重視している様なので、仕方の無い事だと思います。
それに筆者のCPUは第7世代。4年前のCPUですからね。

メモリを8GBから24GBへ増強

さて、今回の本題ですが、メモリを8GB(2GBx2)から24GBへとアップグレードを行いました。
今回購入したのは「シリコンパワー デスクトップPC用メモリ DDR4-2400」です。

本当は、もっとクロック数の高いものを購入したかったのですが、筆者の使っているマザーボードのマニュアルを読んだところ、「Intel Core iシリーズ(第7世代)」の場合、「DDR4 2400」までしか対応していないと記載されていたので、やむなく"2400"にしました。

マザボードとCPUもグレードアップするんでしょ?

メモリは最後で良かったんじゃないのかな?

勘違いしないで欲しいのですが、筆者のアップグレード計画は2年かけて実施する予定です。
メモリ増強するだけでも、ずいぶん処理速度が変わってきますし、なおかつ、一番お金が掛からずハードルが低いです。
全体では相当な費用が掛かりますから、着実に実行するためにも、まずは手が出しやすい所から始めるのです。

メモリ増強を行った感想

筆者は、現在VTuberデビューを検討しています。
先日にテスト配信をしようと思ったのですが、

  • 3Dモデル
  • OBS
  • DisCode
  • マインクラフト
  • YouTubeライブ配信
  • を同時に処理させようと思ったら、マインクラフトが落ちたのです。

    配信するには、さすがに8GBじゃ足りないよ(笑)。

    ゲームにもよるけど、普通に一人で遊ぶだけでもギリギリレベルなんじゃないかな。

    なので、24GBに増強しました。

    フルスロットじゃん!!で、どう?何か変わった!?

    劇的に変わりました。メモリ負荷率50%を超える事が無くなりました。
    気のせいだと思いますが、音質も多少良くなったような気もします。

    メモリを3倍にした"甲斐"はあったみたいだね(笑)

    今後のパソコンアップグレード計画

    次は何をアップグレードするの?

    次は、電源ユニットをアップグレードしようと思っています。
    その次にグラボ、そしてマザボ、CPU、HDDとSSDと順次、アップグレードしていきます。

    そういえば、VRHMDを買うとか言ってなかったっけ?

    VRHMDも、勿論購入を検討しています。ですが、今使っている「GTX 1050Ti」だと厳しいので、まずはグラボのアップグレードです。

    まだまだ先は長いね。

    仕方の無い事です。 少なくとも、Windows10のサポート終了期日までには、完了させる予定です。
    乞うご期待。



    Windows11の登場で愛用している現行PCの卒業が急遽決定した件について

    Windows11の登場により、愛用している自作パソコンの卒業が急遽決定しました。しかし、Windows10の完全サポート終了まで猶予が結構あります。Windows11へのアップグレードは焦る必要が無いので、まずは、当面のアップグレード計画から進めようと思います。



    このブログを検索

    Twitterアカウント

    ContactForm

    名前

    メール *

    メッセージ *

    Archive

    ラベル

    QooQ