【メタバース】環境整備が必須で実はハードルが超高い

2022/01/16

Metaverse

t f P L

実はメタバースへの参入は簡単ではない!?

最近、海外のみならず、我が国"日本"でも、メタバースブームが起こっています。
遊びだけでなく仕事も、デートも全部、バーチャルの世界でできるなんて、夢の様ですよね。

近い将来、そうなるよ!

そうなれば面白い、夢があると思います。しかし、実現するのは難しいと思います。 本記事では、筆者がそう思っている理由をお話していこうと思います。

知識に関する参入障壁が高すぎる

"現在"のメタバースに参入するには、現時点では、以下の環境を整備する必要があります。

  • ハイスペックなパソコン(ゲーミングPC)
  • VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  • コントローラー

環境整備が大変そう。

実際大変です。
筆者の様な、パソコンを自作するような、パソコンに詳しい人であれば問題は"予算"のみです。「PCを買うなら家電量販店で」と言うような一般の人には、まず"知識"を得る事から始めなければなりません。

何を学べばいいの?

結論を言うと、「PCに関する知識」です。

PCについて学ぶべき理由

PCについて学ぶべき事としてはやっぱり、"PCの構成"です。

なんで学ばなければならないの?

VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を動作させるために必要なスペックをわかりますか?

確かにわかんない。

でも、高いパソコン買えば良いんじゃないの?

発想自体は、間違いではないかもしれません。問題は、どこで、何のパソコンを対称としているのか、です。
結論を言えば、"ドスパラ"や"パソコン工房"で、ゲーミングPCの中から、それなりの値段のPC、を選べば、おそらく問題ないでしょう。とはいえ、PCに関する知識の無い人が価格だけで選ぶのは、あまりに危険です。ひょっとしたら、間違った部分でお金をかけてしまったりする可能性もありますし、知識があれば既製品を購入せず、パーツ選びから自分でできるようになるので、コストダウンも可能になるかもしれません。コストダウンは厳しくてもコスパ追求は可能になると思います。

"かもしれない"ばっかで曖昧(笑)

曖昧なのは、各個人に依存する事だからです。

学ぶべきPCの構成

それで、何を学べばいいの?

学ぶべき内容は以下です。

  • CPU+CPUクーラー
  • メモリ
  • グラフィックボード
  • 電源ユニット

そして、"現在"のメタバースに参入する上で最も重要なのが"VRHMD"です。

学ぶ事多すぎる......。

大丈夫です。niconico動画や、YouTubeで必要な事をほとんど学ぶ事ができます。筆者も自作PCについて、VRHMDについてを、niconico動画で学びました。

コストに関する参入障壁が高すぎる

知識を会得し、自分でPCを自作し、コスパの良いPCを作るとします。それでも、コスト面で、参入障壁はまだまだ高いです。
まず、自分でPCパーツを選んで購入し、組み上げるとします。それだけで、必要な予算が「15万」は超える事となるでしょう。勿論、市販のPCを買うよりかは安くなる、可能性はあります。それでも決して安くはありません。 実際、筆者のPCは今使っているパーツだけでも、合計費用は「16万円」以上は掛かっています。ただし、以下の前提条件があります。

  • グラフィックボードは半導体価格が上昇する前の安い時期に購入
  • 現状の構成でもスペックが不足している

結構予算が掛かるのね。

これに、VRHMDの購入費用を合わせると、もう考えたくないレベルになります。

将来的には参入障壁が下がるかもしれない

これまで話してきた事からわかるように、PCを自作した事のある人、潤沢な予算がある人以外の人にとっては、"現状"のメタバースへの参入は、とてもとても難しいです。

つまり庶民には関係ないって事ね。

いいえ、将来的には、PCの性能が向上し、それが低コストで入手できるようになる可能性も十分にあります。ひょっとすると、SAOの様に、眼鏡型の端末さえ用意すれば仮想世界にフルダイブできるようになる可能性だってあります。勿論、そうならない可能性も否定はできません。

未来の事はわからないって事ね。

そういう事です。ですが、世界中の企業が今、メタバース参入に向けて動いていますから、「きっと、メタバース参入障壁が、庶民的レベルにまで下がるだろう」と筆者は思っています、いや期待しています。

メタバースの何が良いの?

そもそもの話になるのだけど......メタバースの何が良いの?

現状のメタバース社会の良い点として、一般に言われてる事としては「あらゆる事を仮想世界で行える様にする事ができる」です。

  • 仕事
  • 勉強
  • 遊び

現時点では、これらを職場や学校、遊園地などの場所に行く必要があります。それが不要になり、すべてが家の中で完結できるようになるのです。

一般に言われていないメリットは?

一言でいえば、「現実で行うには難しい事、不可能な事を簡単にできるようになる」です。

確かに......?

例えば、現実世界では飛行機やヘリコプターなしでは、人は、一般に空を飛ぶことはできませんよね。仮想世界では、これらの問題をすべて解決する事ができるのです。
また、現実世界では、大豪邸を作ろうと思うと、何億円と掛かりますよね。仮想世界であれば、はるかに安いコスト(課金)で実現できるわけです。

それは魅力的だね。

でも、やっぱり実物とは違うから、そこまで楽しめないと思うんだよ。

SAOというアニメを見た事はありますか?アニメ「SAO」の何話かは忘れましたが、現実と大差のないクオリティの家を主人公とヒロインは購入し、住んでいましたよね。

つまり、もう一つの世界、になるという事!?

将来的には、そうなる可能性はあります。 しかし、現状のメタバース、つまり既存のVRHMDを使う仮想世界へのダイブでは、見たり、聞いたりする事はできても、現実世界からのノイズ(触覚、嗅覚、味覚など)を遮断できないですし、仮想世界での味や匂い、物を触ったときの感触を感じる事はできません。「仮想世界に住む」という事は当面の間は不可能でしょう。

メタバース実現は難しいってわけね。

現状のメタバースで良ければ、そうではありません。しかし、五感を感じる事ができるようになる理想的なメタバースの実現は現時点の技術では難しいでしょう。
逆に言えば、SAOの「ナーブギア」さえできれば、実現する事ができる、というわけです。

まとめ

メタバースへの個人レベルでの参入は、現時点では、ハードルが高く、難しいです。

例えば?

大きく分けると、以下の二つです。

  • コスト
  • 技術的課題

将来的には、これらが要因となっている高い参入障壁が下がり、一般的になると筆者は期待しています。
みんなで応援していきましょう。



【メタバース】VRゴーグル(HMD)を買ってみた

"Dell Visor"というVRHMDを購入し、遂に筆者もVR・メタバースデビューしました。現実世界では狭い空間(部屋)であっても、仮想世界はとても広く、無限の可能性を感じました。ただ、デメリットもあります。現実世界の様子がわからなくなる事は勿論、とにかく慣れるまでは酔います。

【仮想世界】VRで出来る事には何がある?【メタバース】

せっかくVRゴーグルを買ったはいいものの、何をすれば良いかわからない。あるいは仮想世界(メタバース)で何ができるのか分からずVRゴーグルの購入に躊躇している方も居ると思います。本記事では、仮想世界で出来る事、について紹介しています。

【メタバース】clusterをもっと快適にプレイしよう【ゲームパッド】

メタバースアプリ"cluster"は、VR機器が無くても"PC"のみでプレイする事が可能です。移動は、PCゲーム共通の「W,A,S,D」キーで行います。操作しにくいです。そこで、ゲームパッドで操作できないかを検証する事にしました。本記事ではその結果をお話しています。



このブログを検索

QooQ