【敗者復活戦】年末ジャンボ(2021)で大損!だがまだ終わっていない。これからが本番だ!!

2022/01/03

お金

t f P L

宝くじ「年末ジャンボ2021」は大敗

実は先日、宝くじ「年末ジャンボ2021」で、購入金額15000円に対して4500円しか返ってこず、大敗しました。しかし、筆者の運勝負は"まだ"終わっていません。

終わったんだよ(笑)

大損したのでしょ?

いいえ、まだ終わっていません。
本記事では、その理由についてお話していこうと思います。
その前に、何かあった時の責任回避のため、一つだけ言わせて頂きます。
宝くじを買う場合は必ず、それにおける全ての判断を、あなた自身の責任の下、あなた自身で行ってください。筆者は購入を一切推奨していません。

宝くじポイントでも宝くじは買える!!

宝くじ、11000円の大損を出して、終わりかと筆者も思っていました。しかし、落ち着いてみると「15000円も買ったのだから、もう一回勝負できるんじゃないか?」と気が付いたのです。

まさか、また宝くじ買うつもり!?

購入しません。いや、正確には"現金"では購入しません。 "宝くじポイント"を使って購入します。

クレジットカードの還元みたいなもの?

そんなものです。
筆者は、宝くじ「年末ジャンボ2021」に15000円、「ロト6」に1600円掛けたので、宝くじポイントが「166ポイント」もあります。
宝くじには種類があって、口単価100円というものもあります。 つまり、もう一回挑める、というわけです。

なるほどね、でも、それで最後だよ?

わかっています。次で最後です。 もう宝くじには手を出しません。

宝くじにここまで執着するなんて予想だにしなかった

しかし、自分でも驚いています。

何に?

あれだけ、宝くじで大損して、痛い目に遭っているのにまだ"宝くじ"というワードが頭から抜けていないのです。

嫌なことって簡単には忘れられないものだよ(笑)。

言いたいのは、そういう事ではなく、未だに「宝くじで逆転してやろう」と思っている筆者自身に驚いているのです。

葛藤している証拠だね。

挫折するまで、損を出し続けるか、別の事に集中するかしないと、その状況はきっと脱せないと思うよ。

大丈夫です。これから筆者は、入金力を向上させて資産運用の効率を上げる為、節約に邁進します。つまり、数百円でも無駄にはできないのです。

むしろ、逆に「1億あてて運用した方が絶対効率良い」とか言い出しそう。

確かに、「1億あててから運用」の方が効率が良いのは確かです。しかし、当たらなければ意味はないのです。

誕生日に購入したら当たるかもしれないよ!

どうして、そそのかしてくるのですか?人がせっかく、諦めようと思っているのに、これでは葛藤し続けるではありませんか。

宝くじから投資へ

次で、筆者は宝くじで夢を見る事から足を洗います。そして、現金での購入は絶対にしません。宝くじポイントを使い切ります。なので、当たっても、外れても次で宝くじ購入は最後です。
これからは、資産運用の効率を上げるべく、入金力を鍛える事とします。

入金力?

資産運用で、20年間でみて、年平均8%のペースで資産が増えていくとします。
1万円の8%と、10万円の8%とでは、10万円の8%の方が大きいですよね?資産運用でも同様の事が言えます。
もし、毎週宝くじを600円買っているとします。1か月(4週間)で2400円もどぶに捨てている事になるわけですが、それを無くせば、2400円分を運用に回せるようになるのです。
筆者はつみたてNISA枠を利用していますが、その枠を半分も活かし切れていないのが現状です。とても勿体ないです。

でも、高額当選したら、その努力も必要なくなるよ。

良いのです。筆者は、そんな不確実な事にはお金をつぎ込みません。確実にコツコツ、資産を増やしていこうと思います。

でも、数百円で1億円、という可能性も、限りなくゼロに近いとはいえ、無くはないよ?

誕生日に限り、ロト7をもう一度、本気で購入してみようと思います。

(もう大損した事忘れたのか...(笑))


宝くじを買う場合は必ず、それにおける全ての判断を、あなた自身の責任の下、あなた自身で行ってください。筆者は購入を一切推奨していません。


宝くじは沼!?購入する場合はリスク許容範囲内までにしよう

宝くじには夢があります。買えば"億万長者"になれる可能性があるわけです。しかし、同時に危険性も兼ね揃えています。 当選せずにお金を失う事や、「次こそは」と、連続して購入してしまう事。もし、宝くじを買う予定があるのであれば、十分に注意しましょう。

もし宝くじで1億円が当たったら、そのお金を一体何に使う?妄想してみた

もし"宝くじ"で1憶円が合ったら、あなたはそのお金をどうしますか?本記事では、宝くじを購入した事の無い筆者の妄想話を書いています。



このブログを検索
Twitterアカウント
ContactForm

名前

メール *

メッセージ *

QooQ