【誰でも簡単】メタバース参入に高性能PCは必要ない!【Oculus Quest 2】

2022/01/29

Metaverse

t f P L

メタバース参入に高性能PCは必要なかった件について

最近筆者は、メタバースに参入しました。詳しくは下記記事を参照してくれたらと思います。

【メタバース】VRゴーグル(HMD)を買ってみた

"Dell Visor"というVRHMDを購入し、遂に筆者もVR・メタバースデビューしました。現実世界では狭い空間(部屋)であっても、仮想世界はとても広く、無限の可能性を感じました。ただ、デメリットもあります。現実世界の様子がわからなくなる事は勿論、とにかく慣れるまでは酔います。

筆者は、メタバースへ参入するために、以下の投資を行いました。
  • パソコンのアップグレード
  • VRゴーグルの購入
掛かった費用は、全部で約10万円くらいです。実際にメタバースへ参入してみて、「投資した甲斐があった」と思っていました。ところが最近、とある事を知ってとてもショックを受けました。

とある事?

実は、メタバースへの参入するのに、わざわざ"高性能PC"を用意する必要は無かったのです。10万円という、決して小さくない投資を行ったものですから、とてもショックは大きいものです。

メタバースへの参入に、高性能PCは要らないってどういう事!?

本記事では、それについて、お話していこうと思います。

"Oculas Quest2"さえあればメタバースに参入できる!?

筆者は、メタバースに参入するために、VRゴーグル(HMD)として「Dell visor(中古)」を購入しました。これはWindowsMixedReality(MR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)といって、パソコンが必須なVRデバイスです。

他のVRゴーグルもPC必須なんじゃないの?

筆者も当初、VRゴーグルは基本的に高性能PCが必要なものと思い、常識化していました。というのも、VRデバイスがはじめて世に出たころは、どのVRゴーグルも高性能PCが必須だったのです。ですが、最近話題の"Oculas Quest2"は"高性能PC"が必要ない、というか、そもそもPCを必要としていないのです。つまり、VRゴーグル単体で動作する、という事です。
詳しくは下記サイトを見てください。
  • VR全然分からない人向け Oculus Quest 2基礎知識(MoguLive)
  • つまり、あるじ様は無駄にお金を掛けちゃった、という事ね。

    メタバースへの参入敷居が、こんなにも低いなんて、知りませんでした。
    もし、知っていればPCのアップグレードにお金を掛けなかったかもしれません。正直、相当悔しいです。

    オンラインでも対面とほぼ変わらない距離感を味わえる

    筆者は、実際に最近、VRChatを遊んでいます。

    どんな感じなの?Zoom会議とかより全然距離感がある、なんて聞くけど、実際問題どうなの?

    最近、オンライン講義、オンライン会議などがだいぶ普及してきてたと思います。ただ、距離感が掴みにくいのと、実際に会っている感覚が無いので、違和感や寂しさを感じている人も少なくないと思います。 これがメタバースになると、これらの問題を一気に解決する事が可能なのです。
    VR仮想空間に実際にダイブしてみるとわかりますが、手や足があります(ワールドによって異なる)。そのため、あたかもその世界に居るかの様な感覚を味わう事ができます。まぁ、慣れるまでは白昼夢感(?)がどうしても無くせないですけどね。
    さて、他人とのコミュニケーションについてですが、これは現実世界で話すのと同じですね。あるいはそれ以上かもしれません。

    それ以上!?

    現実世界では、"容姿"にコンプレックスを抱いている人も少なくないと思います。仮想世界なので、好きな容姿を作る事が可能です。ただ、作るのはそれなりの知識と技術が必要だったりします。しかし、作れなくても大丈夫です。購入する事も可能です。

    清潔感を気にしなくても良いのは、嬉しいかも!!

    ただ、"会話"の音質については、従来の音声通話と変わりません。
    マイクを使うとどうしても音がこもってしまいますよね。どれだけ高性能なマイクを使ったとしても、現実世界での直接会話レベルにまでもっていくのは難しいです。慣れるまでは違和感を感じます。とはいえ、これは慣れるまでの問題です。

    人見知りでも大丈夫

    わたし、人見知りなのだけど......。

    世の中には"人見知り"な人も多いと思います。ちなみに、筆者も大の"人見知り"です。
    筆者はかつて、パソコンのMMORPGゲームを遊んでいましたが、はじめたばかりの頃は本当に、"キリト(SAO)"の様に一人孤独に遊んでいました。どうしてもパーティーを組む必要があるのですが、それが億劫で、なかなか先に進めず、1週間ほどその状態だったのは、ここだけの秘密です。ギルドへの加入も、ネトゲをはじめて数か月が経ってからです。

    あるじ様も"人見知り"なのね。

    それで?

    仮想世界では"人見知り"モードは発動しないかというと、そうでもなく、普通に炸裂します。そういう人のために、自分の声をミュートする機能がありますし、「この人、人見知りなんだな」と分かれば、ちゃんと配慮してもらえます。少しずつ慣れていけば良いのです。
    それから、不特定多数の人とつながらず、知人だけとコミュニケーションをとることも可能です。というか、これから普及していくだろう"メタバース社会"はどちらかというと、知人等、特定の人とのコミュニケーションが主な用途となると思います。「人見知りだから」と億劫になる必要はないのです。

    離れている家族や友人、恋人とすぐ会える

    仕事などの都合で、家族や恋人、友人と距離的になかなか会えないという事はありませんか?メタバースを利用すれば、すぐに会う事ができます。
    電話やビデオ通話だとなかなか伝わらない事もありますが、メタバースであれば現実で会うのとほぼ同じです。

    離れていても、すぐ会える、という事ね!!

    「最近、人肌恋しいな......」と思っている方、メタバースへの参入をしてみるのも一興かもしれません。
    "Oculas Quest2"さえあれば(ネットワーク環境も必須)、メタバースへの参入は可能です。そして、そんなに高くもないです。 家族、友人、恋人と一緒にメタバースをはじめましょう。


    【メタバース】VRゴーグル(HMD)を買ってみた

    "Dell Visor"というVRHMDを購入し、遂に筆者もVR・メタバースデビューしました。現実世界では狭い空間(部屋)であっても、仮想世界はとても広く、無限の可能性を感じました。ただ、デメリットもあります。現実世界の様子がわからなくなる事は勿論、とにかく慣れるまでは酔います。

    【メタバース】WindowsMixedRealityでもclusterはプレイ可能!?

    メタバースアプリで有名なものとして、"VRChat"が挙げられますが、それ以外にも"cluster"というアプリがあります。その"cluster"を"WindowsMixedReality"で遊んでみました。

    【グラボ高騰】RTX3060(12GB)を超お得価格でゲット!!【幸運】

    最近、半導体不足とインフレと円安の合わせ技により、価格高騰が続いているグラボですが、本日、グラボ(RTX3060)を運よく相場よりも大幅に下回る値段で購入する事ができました。

    【自作PC】光り輝くゲーミングパソコンを組んでみた

    先日Windows11に対応すべく、CPUとマザーボードを買い替えました。その買い替えたマザーボードがまさかの発光。前面が鉄板で覆われているとその意味をなしません。なので、側面が半透明なPCケースを購入しました。




    このブログを検索

    QooQ