uBlockOriginやAdBlockさえあればBraveブラウザは不要!?

2022/04/19

Brave

t f P L

uBlockOriginやAdBlockといった拡張機能を入れればBraveブラウザは必要ない!?

Braveブラウザは、Webサイトに貼られている広告や、YouTubeなどの動画に挿入されている広告をブロックする事ができ、ストレスフリーなネット体験をする事ができます。しかもデフォルトかつブラウザレベルでの実装がなされているので、我々ユーザーは何も設定を弄る必要も、拡張機能を追加する必要もありません。
しかし、Braveブラウザに対する評価は「5ちゃんねる」などを見ると、本スレである「Brave Part n(1,2,3,...)」では結構高評が多いですが、それ以外を見ると、辛口なものが多いです(まぁ正直、いわゆる食わず嫌いな人が叩いてる様にも見えますが)。
その辛口評価者の多くが「"AdBlock"や"uBlockOrigin"を使えば良くない?わざわざBraveをインストールする人は情弱(大草原)」と言っています。
本当に"AdBlock"や"uBlockOrigin"を使えば良い、Braveブラウザを使うまでも無いのでしょうか?
本記事では、それについてお話していこうと思います。

Braveブラウザは広告ブロック系拡張機能を入れるよりも強くお勧めできる

結論から言うと、Braveブラウザは広告ブロックツールとして強くお勧めできるブラウザです。
理由は三つあります。

拡張機能要らずでデフォルトでブロック機能が有効

一つはデフォルトでブロック機能が有効になっているからです。
GoogleChromeやMicroSoftEgeの場合、デフォルトでは広告をブロックする事ができません。追加で拡張機能を追加する必要があります。一度入れてしまえば、オンオフ切り替えも難しくはないので問題が無いように思えますが、例えばOSの再インストールなどで初期化した場合や、PCを新しく購入した場合など、GoogleChromeをインストールした後に拡張機能をChromeウェブストアから探してインストールしなければなりません。MicroSoftEgeの場合は、WindowsOSの場合はデフォルトで入っているので、拡張機能を入れるだけですが、面倒です。
Braveブラウザは、ブラウザそのものはインストールする必要がありますが、拡張機能を追加で入れる必要がありません。

プライバシー保護的にも優秀なBraveブラウザ

次に、様々なトラッカーを拡張機能要らずでブロックでき、プライバシー保護の観点で他ブラウザと比較して安心できるからです。詳しくはBrave公式サイトを参照してください。
ちなみにBraveブラウザは各々のトラッカーに対して、個別にブロックするか否かを選ぶことができます。

拡張機能の広告ブロックは「Manifest V3」でオワコン化する!?

三つ目は「Chrome系ブラウザの"Manifest V3"実装」です。
Chromeブラウザに「Manifest V3」が実装されることにより、広告ブロック系拡張機能がchromium系ブラウザでは実質オワコン(?)化していくと言われています。
AdGuard公式サイトでは「悲報」を付けたタイトルの記事が書かれています。 厳密にはすぐに広告ブロック系拡張機能が使えなくなるわけではなさそうですが、Googleの収益構造を考えると、いつまでも広告ブロック系拡張機能が存続し続けられるかは不明です。
一方、Braveブラウザはブラウザレベルでブロック機能が実装されているので、「Manifest V3」の影響は受けないとされています。「BraveCommunity」にその様な記述がありました。 ちなみに筆者は「Manifest V3」については詳しく知らないので、詳細を知りたい人は各々検索してください。

Web3.0ブラウザ「Brave」は最強

デフォルトで広告やトラッカーをブロックしてくれて、簡単に有効無効を切り替えられる「Braveブラウザ」ですが、なんとベースは「GoogleChrome」や「MicroSoftEge」と同じ「chromium(オープンソース)」です。なので、chromeウェブストアに転がっている拡張機能も使えます。もし、「自分には物足りないな」と感じたら拡張機能を追加する事で解決できます。
通常のインターネット体験では、広告ブロックは仮に必須だとしても、その他はほとんど必要のないものばかりです。必須なものは最初からブラウザレベルで実装されているので、何もする必要はありません。最強だと思えませんか?

Braveブラウザは使う価値がある

Braveブラウザは使う価値があります。
現状では、拡張機能の追加による広告ブロックが有効なので、わざわざBraveブラウザをインストールしてまで使う意義は見いだせない人も多いかもしれません。
しかし、その拡張機能はいつまでも使えるとは限りません。
Braveブラウザは広告ブロック機能だけではなく、「cookie」や「スクリプト」、「フィンガープリント」などのトラッカーを個別にブロックする事ができます。セキュリティ面(プライバシー保護観点)でも強いというわけです。
また、広告ブロック機能およびセキュリティ面でも強いBraveブラウザですが、ベースは「cromium」なので、これまでGoogleChrome等で使用していた拡張機能を追加する事もできます。
使わない人の心理が筆者には理解できません。
皆さん。Braveブラウザを利用してインターネット体験を快適なものとしましょう。


[Brave]ウザい広告をブロックして快適なネットライフを過ごそう!

普段、TwitterなどのSNSや、Webサイトで広告を鬱陶しく感じている人は多いと思います。「Brave」ブラウザを利用する事で、一部を除いて、広告を排除して快適なネットライフにする事ができます。

【Braveブラウザ】PlayList機能でYouTube動画をオフライン再生できる!?

YouTubeなど動画サイトをWiFi環境下でない所で再生するとデータ通信量が多く、残量が著しく減ってしまいます。BraveブラウザのPlaylist機能を使えばWiFi環境下で一時的にダウンロードする事で、モバイル通信下でも気軽に再生する事ができます。Playlist機能は無料で利用できます。

【スマホ】Braveを利用して月々のデータ通信量を抑えよう【節約】

スマホの通信量を無制限プランで契約している人以外、いかに節約するか、が共通の悩みだと思います。本記事では、筆者が行っているデータ通信量節約法を紹介しています。参考にしてみてください。



QooQ